So-net無料ブログ作成
検索選択

Kenji ぼくのうた vol.10」展示報告などなど [今を歩みつづけるはなし]

今年の「Kenji ぼくのうた vol.10」展示を終えて
事業報告の最後の書類を昨日郵送して[mail to]
ほっ[揺れるハート]
終わったわ[手(チョキ)]と一息です。

気がつくと10月に入っていました。

9/29, 9/30 の道新に良い記事が載っていたと、友人が知らせてくれました。
相模原の事件から二ヶ月の特集です。

とても「正しい」言葉がたくさん書かれています。

「生きること自体価値」
「互いを知って認めて」
「無知は差別を生む」
「この子(障害児)の発信を見逃していた自分に問題があったのだと恥じた」
「(強くて優秀が良しとされるが) 強い心はもっと強い風が吹けば折れる。風に折れないしなやかな心をつくってほしい」

読んでいて
そうだ、そうだ。うんうん。と思いました。
同時に
道徳心があり、善意の大きな多くの方々を含めて、
こどもからおとなまで
これらをどう実感してもらえるのだろう?と考えました。

人の気付きって、文字よりも、実体験、実感が伴うことが多いと思います。



今年の「Kenji ぼくのうた vol.10」展示の話しに戻ります。

今回の手応えは、今までと大きく違いました。
それはまず
会場が「かでる2.7」だった事が大きいと思います。
ここの上の階には、様々な福祉関係の事務所があります。
そして、福祉、医療系の会合が多数開かれています。
ですから、
普段、障がい者と関わっている人たちのご来場も多かったと思います。
もちろん
普段、障がいのある人と接する機会のないお客様も多かったと思いますが

「障がいがあるのに、頑張っているね」

「大変なのに、絵を描いてすごいね」

この、いつもは必ず言われる言葉が、今回は ほとんど無かった のです。

代わりにいただいた言葉は

「才能だね」

「これが天才と言うんだろうな」

「渡邊賢治さんにしか描けない、誰にもマネができない、模写もできない。こんな絵を見れて良かった」

「(新聞で見て、障がい者云々だったので)期待しないで来ましたけれど、驚きました。素晴らしい感性。才能を感じます。また、これからも彼の絵を見たいです。」

このように、ストレートな「絵」への評価、感想でした。

(私、賢治の親で、親が何の謙遜もなくこんなことを書くとバカのようですが、、、これはお伝えしたかったので、あえてそのまま書きました。)

一枚一枚の絵を、時間をかけて
語り合うように見て下さるかたが多かったです。

そこで涙を流すかたの姿も例年通りありました。
その涙のわけを、私は聞きませんけれど
。。
  障がいがあるのに頑張っている姿に涙した
                     。。
                 とは思えないのです。

みなさんそれぞれが心にかかえる何かと、賢治が描いた絵のどれかが
絵への感動という形で、心の深い部分でつながったのではないかと。。
かつて、私が色々と思い悩む中、賢治が描く絵に感動して救われたように。

賢治の絵を見る時、母の私は、
重度障がい者が描いた絵として見た事はないです。

私にとってこれは↑当たり前ですが、これを理解して頂くのには時間がかかりました。
今回のお客様の反応を見て、「やっとここまで来れた」と思いました。


賢治は
「絵を描く障害者」ではなく
ましてや
「障害があるのに絵を描いている人」ではなく

「人の心に届く絵を描く画家」なのですよね[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

最後に、もう一度、道新記事、相模原事件特集から 哲学者 萱野稔人さんの言葉
[ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]
出生前診断で胎児に障害が見つかれば中絶をする人が多い現実を前に
「重度障害者でも生きている価値がある」と言うことが、きれい事ではないと言い切れるだろうか。
「それぞれの人間に尊厳があり平等に扱われるべきだ」という理想
「お荷物は切り捨てたい」との欲求
個人にも社会全体にも二つの考えが常に併存する。
(ナチスの「優生思想」から、今もヘイトが繰り返されているのは) メディアや知識人がきれい言ばかり言い、憎悪に立ち向かうための議論をしてこなかったからだ。
特定の他者を「お荷物」と見なす感情があたかも存在しないかのごとく
「誰もが生きる価値がある」
と言ったところで説得力はない。
[ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]

そのとおりだと思います。

芸術は
人の心の、わりとニュートラルな部分で感じるように思います。

賢治の絵が、これからどのように社会で取り上げられて行くかはわかりませんが
私はしっかりと思いを持って彼の絵とともに歩かなければと思います。

今回、会場へ入る場所が二方向にありました。
何人もが、本当の入り口付近で
「あら〜〜〜」
「展示してある絵に惹かれて逆から見てきましたが、正しい順路はこちらからだったんですね。」
いえいえ
順路なんてどーでも良いんです。
絵を見たくて、歩き進めてくれることが何よりなんです。

こんな風に
誰かが、賢治の絵と出会って、
おっ!? と絵へ関心を持って
自然と
この絵の作者への興味も湧いて
そこで
あら、彼は重度障害者なのね、と知る

そうして
・・・だから〜なのね と腑に落ちてもよし
・・・なのに〜なのね と感心してもよし
ああ
この絵を見られて良かったと
彼の絵が評価されるのが
これが自然な「芸術」に対する心なのだと思います。


もし、
今、
ナチスドイツのような優生思想が広まったら。。。この絵は見られないのよね[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

感動ポルノ [今を歩みつづけるはなし]

「感動ポルノ」って言葉をご存知ですか?

(Wikipediaから引用)
「感動ポルノ」
2012年に障害者の人権アクティヴィストであるステラ・ヤングが、オーストラリア放送協会のウェブマガジン『Ramp Up』で初めて用いた言葉
障がい者が障がいを持っているというだけで、あるいは持っていることを含みにして、「感動をもらった、励まされた」と言われる場面を表している。
そこでは、障がいを負った経緯やその負担、障がい者本人の思いではなく、ポジティブな性格や努力する(=障がいがあってもそれに耐えて頑張る)姿がクローズアップされがちである。
「清く正しい障がい者」が懸命に何かを達成しようとする場面をメディアで取り上げることがこの「感動ポルノ」とされることがある。

その、ステラ・ヤングさんのTEDでのスピーチに関してはこちら
http://logmi.jp/34434

    [ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]
今回、NHKさんから、「おはよう北海道」の特集の取材要請があったとき、まず最初に約束したことが
今回の特集の内容を感動ポルノにはしないでください。(感動ポルノにするなら、取材は受けられない)
でした。
担当ディレクターさんが、世の中に当たり前にはびこる、感動ポルノに対して
「強い違和感をおぼえる。」
「健常者といわれる者の、上から目線で障がい者を報道をしてはいけない」
と、おっしゃっていたので
この言葉を信じて[ぴかぴか(新しい)]
これまで受けた他局の取材とは比較できないほどの時間を使って取材に協力しました。

さきほど、NHK「おはよう北海道」のホームページを見ましたら
放送予定
27日
もの言えぬ青年が描く生命のメッセージ

ん???
あれ??????


私が今日まで、活動してきた意味は、まさに
障がいがあろうと無かろうと同じく生き行く人間だと認識した社会になってほしいということ。
芸術の評価は、障がいというバックボーンの有無ではなく、ひとりの芸術家として評価しても良いのでは?つまり、
感性とか芸術を目の前にして感動を受けたとき
果たして、その芸術性以前に、障がいの有無が前面に必要で、それが評価を激しく左右するのか?
という疑問を投げかけてきました。

今回のNHKさんの番組では、そこに焦点を当てる内容にする。とのことでしたので、お受けしました。

さて、27日の放送の内容がとても気になるところですが
NHKさんを信じてみましょう[わーい(嬉しい顔)]

話しは変わりますが
先日、北海道新聞の記事に対して、あるコメントを送りました。
パラリンピックに関しての総特集でした。

私の送ったコメント
9月20日朝刊 15-16面の見出し「残された力 最大限に発揮」を見て、これはどんな視線からの見出しなのだろうと疑問に感じました。
記事の内容がとても良かっただけに、
「残された力」と言ってしまえるのは、四肢が欠けておらず、視聴覚、知力を持った人が、それを完全な状態とした上で、
それの無い(失った)人に対して言っているものだと思います。
15面左にちょうど、フェンシング女子イタリアの金メダリストが「私の体は完全」と胸を張ったと載っています。
残された力ではなく、己(おのれ)の力なのです。
これは、オリンピックもパラリンピックも同じなのだと思います。
この見出しを見て、あれっ?と思う人が世の中に増えてくると良いなと思い、こちらに投稿致しました。


  [ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]
マスコミの皆さんには
自分たちの視点が無意識のうちに、障がい者を上から見ていないかを確認して
感動ポルノを作り上げる行為を思い止まってほしいと願っています。

9/27 火曜日 NHKおはよう北海道で特集 [お知らせ]

絵画展が終わったばかりで、特に次の展示予定は無いのですが

来週9/27火曜日の朝7時45分〜8時に放送される
NHK「おはよう北海道」(NHK総合)の中で賢治の特集が放送されます。

先日、賢治の様子や、私へのインタビューの撮影がありました。

どのような特集内容になるのかしら?と、私も楽しみにしております。

特集をご覧になって、賢治の絵を直接見たいと思ってくださるかたは
ごめんなさい。
来年まで少しお待ちくださいませ m( _ _ )m

そして、今年の絵画展へおこしくださったかた。
NHKさんのインタビューにこたえてくださった方々。
どなたにインタビューがされたのかは、私はまだ知りません。
放送を見て初めて知るわけです。
お忙しい中をご協力をありがとうございました。

15分の番組の中で、4分ほどの特集だそうです。
お時間が合いましたら、ご覧になってくださいね[るんるん]

もうひとつのKenjiぼくのうたvol.10 [笑顔のおはなし]

俺様な座り方で失礼
image.jpeg


留奈さんと握手
賢治の目が優しい[かわいい][わーい(嬉しい顔)]
image.jpeg
嬉しそう[るんるん]

HBCラジオ ナルミッツのツイッター画像を胸に

image.jpeg
笑顔[グッド(上向き矢印)][るんるん]
image.jpeg
私とのショットで賢治が笑顔? めずらしい[わーい(嬉しい顔)] さすが絵画展[手(チョキ)]
image.jpeg

2016年 Kenji ぼくのうた vol.10 会場風景 [絵画展示]

2016年8/30〜9/4まで
札幌市中央区 かでる2.7で行いました
渡邊賢治絵画個展「2016年 Kenji ぼくのうた vol.10」 with 墨谷 留奈

今回も約1000名のご来場をいただきました。
いつも皆様には大変感謝しております。

札幌は9月に入る時期には珍しく、暑い毎日でした。
仕事も自宅[家]デブ症、いえ出無精、ひきこもり体質の私[わーい(嬉しい顔)]としては、毎年一度は、このように一週間、ちゃんとお化粧をして、多くの皆様とお会いすることは大切な自分磨きなのだと思うこの頃です。

[手(パー)]さて展示です。

かでる2.7さんはギャラリーではないので、照明が一番難しかったです。
一部の作品には、あちらこちらからの光が映り込んでいますが
このような展示でした。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg


2016かでる1.png

2016年 Kenji ぼくのうた vol.10 無事に終了 [絵画展示]

「2016年渡邊賢治 絵画個展
Kenji ぼくのうた vol.10」 with 墨谷留奈


[ぴかぴか(新しい)]おかげさまで無事に終了しました[ぴかぴか(新しい)]

最終日に少しの時間、会場に来れた賢治の表情は
とても誇らしげでした[わーい(嬉しい顔)]

この展示の詳しくは、またあらためてアップします。

このたびも、皆様の応援をたくさんいただきました。

どうもありがとうございました。


2016かでる1.png

絵画展2日目 [絵画展示]

今日も暑い日ですが
お客様がいっぱいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ありがたいことですm(_ _)m

8月31日の北海道新聞 朝刊28面 画像をクリックすると大きくなります。
記事JPG.JPG
[るんるん]ウェブ版[るんるん] http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0310757-s.html?df=1 [ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]
image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

HBCラジオ ナルミッツで*\(^o^)/* [イベント]

絵画展初日ですo(^▽^)o
外看板、迫力あるでしょう?
image.jpeg
さて、タイトルの通り
ラジオでのご紹介があります。

先日21日の
『多恵子の今夜もふたり言』で
河原多恵子さんが、絵画展のご紹介をお話しして下さいました。

そして今度は
9月2日金曜日
HBCラジオ ナルミッツの中の
『金曜みか劇場』で
パーソナリティの田村美香さんが
この絵画展をご紹介して下さいます。

今日、美香さんが会場にいらして、
ひとつひとつの作品を、じっくりとご覧になって、一回り。
つぎは
メモを取りながら、また、ひとつひとつの作品をご覧になって一回り。
またまた
気になる作品の前で、じっくりと。

本当に心を込めて観て下さった美香さんが、ラジオで紹介して下さるのが
とても楽しみです(((o(*゚▽゚*)o)))

よろしかったら
是非、お聞き下さい*\(^o^)/*


2016年私たちの夏、ついに始まる!! [絵画展示]

設営完了しました*\(^o^)/*
今日は暑かったです[晴れ]
そんな中
ボランティアさん、ありがとうございましたm(_ _)m

image.jpeg
image.jpeg

賢治は熱を出して、家で療養中σ(^_^;)
今回、会場に来れるかな? 
早く良くなりますように     祈[ぴかぴか(新しい)]
明日からの絵画展
たくさんのお客様に見ていただけるように
頑張りまーす[るんるん][グッド(上向き矢印)]


Kenji ぼくのうたvol.10 準備! 準備!! [お知らせ]

絵画展が近付いてきました。

絵を描きはじめた10歳のときから
26歳の現在までを
古いアルバムをひっくり返して
昔の作品を取り出して
懐古 懐古の母の私。

今回は、これまで展示の機会がなかった昔の作品も展示します。
そして
こんな画像もたくさん見られる予定です。
FullSizeRender.jpg


たくさんのかたに育てていただきました。
見守ってくださるかたの声やお気持ちが
ここまで私たちを導いてくれました。

あっという間のように感じていた日々ですが
やはり
盛りだくさん、いろいろ、いろいろの日々だったことを思い出しました。

皆さん、これまでありがとうございました。
これからも、どうか、どうか
よろしくお願いいたします。

久しぶりに街中へ [今を歩みつづけるはなし]

今日は谷康平さんの絵画展に行って来ました。
image.jpeg

康平くんの作品にじーっと見入る賢治。

小さな頃からの作品を沿って見て行くと
康平くんの成長と、康平くんがどれだけ心豊かに
自分の周りの景色を見て感じてきたかが伝わってきました。

最後の作品を見た時は
涙が流れて流れて、、、、、

ご両親の深い愛情に包まれて
今も
康平くんはそこに一緒にいるのだなぁ〜と思う一枚一枚の絵。
どれもが
心に響く絵でした。

私が特に好きな絵はこちら
image.jpeg

キャプションも素敵です。

道新ぎゃらりーにて
明日までです。

今日は最後の撮影日 [絵画]

6月から始まった撮影[カメラ]
いよいよ今日が最後の日です。

今日もよろしくお願いします。
よろしく.png


ぺこり
よろしくよろしく.png


きょうは

え????????
グリーンマン?.png
グリーンマン??? シュ。。。シュレック?????

ふたりでデータの確認
「俺って、カッコいいかも[わーい(嬉しい顔)]

データチェック.png


二人の作品で、展示会を成功させようね[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
データチェック2.JPG


[かわいい]どうぞお楽しみに[かわいい]



相模原の事件

過敏に反応して話したくは無いです。
でも犯人の言い分を聞くと、思うところがたくさんあります。

それにしても

いつも、何度も書いている通り
本当に、障がい者=不幸 でしょうか?

むしろ
そう思ってしまう人に

知らないのね。本当の意味で。
経験が無いのね。本当の経験が。
だから、実感がないのね。

あなたが、彼らに
本当の愛の心を向けたなら、
彼らこそ、
あなたの愛を必ず受け止めてくれる存在。

と言いたいです。

糸賀一雄さんの  
「この子らを世の光に」
ご興味のある方は検索してください。

私は学生時代に授業で習いました。

今回の事件を受けて
テレビで「この子らを世の光に」をとりあげているのを見て改めて思い出しました。
私がこの25年ほどを歩んできた基本の思いは、あの18歳、19歳の学生の頃に作られたように思います。


私の息子は重複障がいの最重度ですが
とても愛おしいです。
生まれたときから愛おしかったです。
障がいがあるとわかった時、もっと愛おしくなりました。
そして、この愛というものは、息子が私に教え与えてくれたところが大きいです。

その障がいゆえ、生と死が隣り合わせの生活の中でも
ずっと、
それに怯える事なく
いつも希望を持って歩いています。
希望とは、
生きる楽しみのことです。
息子も私も
それぞれに楽しんで生きています。
息子と私、
互いの愛は薄れることなく、それは周りの人々へと伝わって
どんどん愛の輪が大きく膨らみました。
息子の存在はすごいです。


暗い暗い先の見えないトンネルの中を歩いているように感じたのは
血の通わない社会のシステムの中に置かれた時です。

たくさん声をあげると社会のシステムは変わっていきました。
新しいシステムもできました。

みんなで作るのが社会です。
みんなが豊かに幸せに暮らせる社会をつくるのが人の使命です。
息子がいたから、私は社会に興味を持ちました。

人は誰に教えられ、救われ、力をもらい生き進めれらているのでしょう?
息子の病気や障がいと向き合うことで、私は本来の怠惰な性格を直されました。
今の自分になれて良かったと思います。

息子の絵と出会えたのも
息子が障がいを持ったからだと思います。

息子に障がいがなければ、また別の生活があったでしょうが
私は今の生活、
そして
これまでの人生すべてに感謝しています。

谷康平さんの絵画展 [今を歩みつづけるはなし]

今日の道新朝刊17面に記事が載りました。

クリックすると大きくなります。
記事.jpg


康平くんが札幌養護学校高等部時代に、訪問学級で指導をしていた先生は
賢治が真駒内養護学校の中等部の三年間と高等部の一年に担任をしていただいた先生です。
美術専攻の先生が担任になって下さったおかげで
四年間、学校で、いろいろな道具や手法で絵を描かせてもらえて賢治は絵を楽しむことを覚えました。
また、自由に、自分の思いで描くことを確立したと思います。
今、ヘルパーさんがアシスタントになって描くことも、この時の経験があったからこそ出来る、賢治の心の成長です。
ずっと一緒に過ごしてきた私が息子を手伝うのは、お互いにとってそれほど難しくはありません。
それを、母と子ふたりだけの作業ではなくて
誰か他の人の手を借りて自分の心を表現するのは難しいことと思います。
でも、賢治は学校時代の経験から、すんなりとヘルパーさんへ心を見せました。

人と人の出会いって本当に素敵ですね。
人の思いって
障がいとか健常とか関係なしに
純粋な心が人と人を結びつけてくれるのだと思います。

康平くん。
18歳で旅立つその日まで
生きた証をたくさん残して、今こうして個展という形でたくさんの皆さんに観てもらえるのは
康平くんが、ご家族、周りの皆さん、み〜んなに与えてくれたプレゼントですね。
生き、生かされ、ともに学び、互いに与え合い
生きた者の時間は、生き続ける者に継がれて
永遠に生きるのですね。

谷康平 絵画個展
道新ぎゃらりー にて開催中
札幌市中央区大通西3丁目
8月2日まで

撮影 [笑顔のおはなし]

留奈さんによる撮影は続いています。[カメラ]

今日はその風景をご紹介

最初はカメラを意識してカメラ目線の賢治です。
るなさんとけんじ1.png


るなさんとけんじ3.png


でも、、描き進めると

え???????

るなさんとけんじ2.png


レッドマン??[わーい(嬉しい顔)]

るなさんとけんじ4.png


まだまだ撮影は続きます。
どんな写真が展示されるかお楽しみに[揺れるハート]


スペイン居酒屋toroと言うお店 [おいしいお話]

スペイン居酒屋 toro

〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西2丁目
KT3条ビル地下一階
電話: 011-232-4522

http://www.geocities.jp/sapporotoro/

飲まない私が珍しく飲むお店
もうもう、全然飲めなくなって
家でも飲まないから
お酒を飲むなんて、最近は一年に一度か二度
そんな私が行くお店 スペイン居酒屋 トロ
ママと私は同級生なんです。
特に言わなくても、サングリアを炭酸で割ってアルコール分を軽くして出してくれます。
このtoro特製サングリアがまたおいしぃんです。[グッド(上向き矢印)]
いつもありがとう[揺れるハート]

そんなトロでは月に一度フラメンコのショーがあります。

すごいなぁ〜[ぴかぴか(新しい)]
カッコ良いなぁ〜[グッド(上向き矢印)]

踊り終えたダンサーさんと[カメラ]
image.jpeg


激しいダンスの直後で、まだ、息も荒く、汗ばむダンサーさんにはさまれて
椅子に座って鑑賞してただけなのに真っ赤な顔して汗かいている私[わーい(嬉しい顔)]

パエリアとツブのアヒージョをほうぱって、シャンパンをグラス一杯飲んだダケで真っ赤だょ[あせあせ(飛び散る汗)]

ご主人のとおるちゃんが作るパエリアなどスペイン料理はおいしい〜[グッド(上向き矢印)]
フラメンコは観ていて楽しい〜[手(チョキ)][手(チョキ)]

私の隠れ家的お店のカミングアウトでした[黒ハート]

今年も [今を歩みつづけるはなし]

とまこまい脳外科へ受診に行きました [病院][車(セダン)]

前夜
「明日、高橋先生に会いに行くから、もう、熱出さないでね[exclamation]
と言うと

あ、、そうか[手(チョキ)]OK[グッド(上向き矢印)]って顔をしていた賢治

ドライブ〜[車(セダン)]
ドライブ2.png

ドライブ1.png


先生、今年も会いにきました[わーい(嬉しい顔)]。。。じゃなくて、診察お願いします。

高橋先生と2016.png


脳のMRIを診ていただいて
昨年と比べて、前頭葉の脳のシナプスが伸びているらしく、脳の部分が増えていました[ぴかぴか(新しい)][グッド(上向き矢印)]
「出来ないとか思わないで、どんどんやれ[exclamation]
今年もまた、励ましの言葉をいただきました。

さてさて
帰る前に食事[レストラン]
1日5回食なので
食事に追われます。
持参のペースト食を病院の喫茶コーナーで食べます。

食事.png


帰り道はゆっくり[車(セダン)]

久しぶりの遠出です。
途中の支笏湖でお散歩[るんるん]

逆光でこんな[あせあせ(飛び散る汗)]画像
支笏湖.png


支笏湖2016-1.png


支笏湖2016-2.JPG


むか〜し昔
太陽に吠えろで、石原裕次郎さん演じるボスが
ブラインドを指で押し下げて外を見て
こんな表情していたなぁ〜と思った私です。
支笏湖2016-3.png


狐やクマとも会いました[揺れるハート]
支笏湖にて.png


同行してくれたヘルパーのえりちゃんが
クマの剥製を見て
「前に、真駒内駅付近で身長165センチ←(それ、体長だと思う)、体重◯キロくらいのクマが出たってニュース聞いた時
み・・みっちゃん!?(美津子)って思ったのを思い出すぅ〜」と言って笑っていました[たらーっ(汗)]

楽しいドライブ&病院受診&お散歩の1日でした。

2016年 Kenji ぼくのうた vol.10  チラシ出来上がり!! [イベント]

[かわいい][かわいい][ぴかぴか(新しい)]出来上がりました[ぴかぴか(新しい)][かわいい][かわいい]

画像をクリックしていただけると、別ウィンドウで大きく見られます。[手(チョキ)]

チラシの表は留奈さんの撮影による、とっても迫力ある写真です[るんるん][るんるん][グッド(上向き矢印)]
絵画展チラシ2016-2.jpg


チラシ裏-2.jpg


画像持ち出し自由です[exclamation]


[揺れるハート][揺れるハート]皆さんどうぞよろしくお願いします。[揺れるハート][揺れるハート]

あ~~~ [今を歩みつづけるはなし]

今日は
絵を描いて、留奈さんに写真を撮ってもらう予定でした

が・・・・

[あせあせ(飛び散る汗)][もうやだ~(悲しい顔)]
ついでに不眠[ふらふら][たらーっ(汗)]


作画、撮影はキャンセル[バッド(下向き矢印)]

だるいぃ〜
あ~~.png


ふぅ〜
熱ある.png


先日の笑顔画像はどこへ行った??

怒ってる?

怒ってないよ.png


ん???

ん・・.png


[るんるん][わーい(嬉しい顔)]笑顔になってきた[ぴかぴか(新しい)][かわいい]

ん?.png


[ぴかぴか(新しい)]早く元気になぁれ[ぴかぴか(新しい)]

幸せなパラパラ画のように [笑顔のおはなし]

機嫌が良い[るんるん][グッド(上向き矢印)]
笑う[揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]

26歳の俺

5.png
4.png
3.png
2.png
1.png

おやすみの日曜日 [笑顔のおはなし]

今年のピアノ発表会を無事に終えて[手(チョキ)] ほっ[かわいい]
久しぶりに、仕事が休みの日曜日です。

ずっと行きたかった寿司のさか井さんへ[車(セダン)]
賢治の絵.JPG


賢治の絵の横で、三人でおいしいお寿司をいただきました[るんるん]

父はまた明日から検査入院。
病院の方が暑さをしのげて良いかな?
87歳にしてはしっかりしているので助かります。
両親には元気でいてほしいと切実に願うこのごろです。

発表会を終えて
みんなそれぞれ[るんるん][グッド(上向き矢印)]興奮冷めやらず[るんるん]嬉しそうな笑顔が私には一番の喜びです[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

二年生の子からのラブレター[黒ハート] いや、お手紙

「おじぎが、一番緊張したよ」
おてがみ.JPG


そうか。。。弾くよりも、おじぎで緊張したんだ・・・[わーい(嬉しい顔)]
[揺れるハート]かわいいなぁ〜[揺れるハート]

私も可愛いおばぁさんになりたい[揺れるハート][ぴかぴか(新しい)][揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]

???? 笑




絵画作成と撮影 [笑顔のおはなし]

墨谷留奈さんとのコラボレーションは続いています。
これは6月11日の風景

6月11日撮影.JPG


午前中の作業は嫌なのか、眠いのか
賢治のやる気のなさが[たらーっ(汗)]だらりぃ〜

せっかく留奈さんがカメラを構えてくれても
ほとんど手を動かさなかった賢治です。[ふらふら]

またこれも、賢治の自然な姿

絵画作成と撮影は続いています。

2016年ピアノ発表会でした。 [笑顔のおはなし]

賢治の誕生日の翌日
今日は
私のピアノ教室の発表会でした。

生徒たちは、えらい[exclamation×2]
みんなの成長を感じます。
 感動です。 

私は去年から、何を成長したか? ・・た・・・体重以外に・・・何を???[たらーっ(汗)]
よーーし
これから私も頑張ろう[手(グー)](何を?)
今年もそんな発表会でした。

写メを送ってくださったHちゃんのお母さん、ありがとうございます。

発表会.JPG


上.jpg





賢治26さいの誕生日でした☆ [笑顔のおはなし]

[かわいい][ぴかぴか(新しい)][晴れ]賢治[晴れ][ぴかぴか(新しい)][かわいい]

[揺れるハート][揺れるハート]お誕生日おめでとう[揺れるハート][揺れるハート]
6月24日に26歳になりました。


けんじ.jpg


前の日記でご紹介しました、奈良のお友達からいただいた、天の川羊羹と、ケーキと
今年も、おじぃちゃんが育てたバラに囲まれて
26さいの誕生日
いつものように・・・
ホント、無愛想な賢治です[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

私は夜までピアノレッスンのため一緒に祝えず
かと言って
私が仕事を終えて
「おめでとう賢治〜[るんるん][グッド(上向き矢印)]」と言っても・・・
同じ表情[たらーっ(汗)]

26歳だよ[exclamation×2]
元気に毎年、歳を取っていこうね。
今年も頑張れ〜賢治[手(チョキ)]

七夕の夜はこれを!! [おいしいお話]

[揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]キーレーイ〜[揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]
149881.jpeg


これは下のページから持ってきた画像ですが
http://find-travel.jp/article/41926

なんと[手(チョキ)]
この美しい羊羹が我が家に届きました〜〜[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

羊羹.jpg


奈良の友人が平安神宮へ行った時に
七條甘春堂さんの期間限定[exclamation]販売数限定[exclamation×2]の貴重な
[ぴかぴか(新しい)]「天の川」[ぴかぴか(新しい)]を買って、北海道に送ってくれました[るんるん][るんるん][るんるん]

天の川.jpg



食べるのがもったいない〜
でも
七夕の夜まで食べずにとって置けるかは。。。。。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

・・・笑って、ごまかす私です。
[揺れるハート]甘味大好き[揺れるハート]

はじめまして☆また嬉しい出会い [笑顔のおはなし]

今年の絵画展示「Kenjiぼくのうたvol.10」で
賢治が絵を描いている姿を写真に撮ってくれるカメラマンさんが決定[るんるん]
[かわいい]墨谷留奈さん19歳です[かわいい]
留奈さんは、写真甲子園出場などで有名な岩見沢高等養護学校の表現写真部OGです。
普段は、景色を撮るのが好きで、お父さんと一緒に白い恋人パークへ行って、シャッターを切っているそうです。

「はじめまして、よろしくお願いします」固い握手[ぴかぴか(新しい)]
るなさんとけんじ.JPG

賢治は留奈さんの向けるカメラに向かってしっかりカメラ目線[目]
キリッと良い顔してるし・・・[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
普段、私がカメラを向けても・・・ご存知の通りこっちを見ない人が。。。[わーい(嬉しい顔)]

「賢治、カメラ目線やめて、早く絵を描きはじめて!!」

そんな感じで始まりました
るなさん撮影1.png


るなさん撮影2.png


これからまた何回がこうして撮ってもらいます。
留奈さんの写真[ぴかぴか(新しい)]お楽しみに[揺れるハート]


世の中は [今を歩みつづけるはなし]

世の中はGWだったようで
そして
今日がその終わりだったようですね[るんるん]

賢治はやはり笑い発作でした[あせあせ(飛び散る汗)]
先日から誤嚥を防ぐ為の介護が始まって
一回の食事量を減らして時間をかけて…
その代わり食事の回数を増やして一日五回に。
お水も、
トロミをつけて小さなスプーンで少しずつ。
だから、
一日が食事に追われてしまうような生活ですが
ヘルパーさんたちのおかげで[ぴかぴか(新しい)]元気に[ぴかぴか(新しい)]過ごせています。

私のGWは仕事と、そして急な母の入院で[病院][車(セダン)]

そんな中、突然に冷蔵庫が壊れて[がく~(落胆した顔)]
賢治のペースト食が解けてしまう!!!!(冷凍保存している)
朝の開店めがけて電気屋さんへ[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]
なんで〜こんな時に大事な冷蔵庫が〜〜[あせあせ(飛び散る汗)]

仕事を終えては、夜の面会時間ギリギリに病院へ滑り込んで[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

病室で
母と私、ふたりでため息をつきながら
「母の日だねぇ〜」(笑)

そんなバタバタで
絵を置いてくださっている「さか井」さんへ
両親を連れて行く話しは止まったままでいました。

すると今日
この話しを紹介して下さった方が写メを送ってくださいました。

さか井さんのご主人の笑顔が、とても嬉しいです[かわいい]
さか井さん.JPG


是非、おいしいお寿司と、そして賢治の絵に会いに
すしの「さか井」さんへいらしてください[るんるん]

「すし さか井」さん
札幌市中央区南2条西3丁目13 パレードビル1階

また
この十数年、ずっとお世話になっております
レストラン 癒月(ゆづき)さん
北海道小樽市銭函1-23-2銭函駅から西へ徒歩約2分です。

こちらにも、続いて賢治の絵を展示しております。
これから夏[晴れ]
海が見えるレストラン[るんるん][るんるん]素敵ですよ[るんるん][るんるん]
http://www.hotpepper.jp/strJ000257001/

また?? [困ったはなし]

この前の笑い発作がおさまってホッとしていましたが
また?
けんじ2.png

今日の賢治
けんじ.png

ん〜[たらーっ(汗)]

生きているだけで精一杯…なんて聞くと [今を歩みつづけるはなし]

若い子が
「生きているだけで精一杯」と言っているのをよく聞きます。
そんな文も、よく目にします。

理由は様々で
きっと、それは、本当に大変なのだろうと思います。

ただ、それは残念ながら、
「何かを乗り越えたら、必ず解放されるよ」とか
「こうしたら、もっと楽になって必ず苦しみから解かれるよ」と
言ってあげられないのが、事実だと私は思うんです。

何を乗り越えても、また次の試練はやってきます。
楽になるために、工夫したり、努力すると
それはある程度、生活に変化は出ますが
また次の試練はやってくるんです。

私の人生は、自分の努力だけではどうすることも出来なかった事を
人様の手をかりて、助けてもらって
やっと
50歳から、人並みに睡眠時間を得られるようになりました。

でも、
やっぱり、様々な試練は、今も次から次にやってきます。

[ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]

「病気に甘えるな!」「障がいに甘えるな!」

これが私の信条です。

賢治はもちろん、保身のために、自分の病気や障がいを使いません(笑)
親である私も、
賢治が見た目にはっきり障がい者とわかるようになる前は
賢治がやらかしてしまうトラブルに
毎日、こめつきバッタのように、人様へと頭を下げて謝罪してまわり
そして賢治の療育に走り回りました。

その努力は、病気の進行に追いつきませんでしたが
私は、今まで一度も
保身のために、賢治の病気を口にはしていません。

保身って・・・[ダッシュ(走り出すさま)]大事なのもわかりますが
誰かの何かを守るために、
誰か別の人を傷つけても構わない。。。とは思いません。

[ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]
人はそれぞれ違う!
もともと、これは私が声を大きくして言っている事です。
でも
嘘をついてまで自分に都合の良い事を言うとか、
自分の価値観に合わないものは排除しても仕方ないとか
それは全然「人はそれぞれが違う考えを持っている!!」というのではなくて
ただのワガママです。

性別、国籍、宗教、年齢、障がい、
様々な違いを互いに認め合うところから
互いの意見を聞き合おうという意味で
人はそれぞれが違うという視点に立たなくちゃ
と思うのですがね。。。。

[ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]

私は、いつも、生きているだけで精一杯です。

試練をひとつ越え、ひとつ解決し、ひとつ泣き寝入りをし、ひとつ抱えたままもうひとつを迎え。
そんな人生です。

だから
死んで楽になりたいと思うことはよくあります。

↑こんな事を言うから、娘から
不安定で、心の弱い母だと言われました(笑)
でもね
もし、私が本当に弱い人間なら・・・
私は、今日まで生きてはいないわよ。
それか、死ぬ勇気もないほど弱い人間なのかな?

ひとりは障がい児。ひとりは海外へ留学。
ケースは違うけれど、どちらも、試練を多く迎える子たちでした。
女の手ひとつで、こどもをふたり育てるには、
男社会に流されてはいられませんでした。
母の私が、このふたりの子を守るには
いつも、男社会の常識や、世の中にはびこる偏見、差別。ひとり親としての孤独、不安。そんな日々と戦かいながら、
自分で判断して、自分の足で歩いて行かなければなりませんでした。
なんて言うと、言い訳がましいのですが
だから私は
言うべきところでは、強く自分の信念を語れる強さがあると思っています。

昨日、ちょうど電話で話した人に
大人泣きしながら言いました。

私は、(あなたが思うような)良い子ちゃんではいられない。
そして
(あなたが望むような)自分でモノを考えずにいる、おバカちゃんでもない。と

情けない。。。。
私が守りたいのは、もう既に充分高齢の 父と母。
私自身を守りたいのではありません。

結局
私は弱いのか? 強いのか?

いつも、生きているだけで精一杯な気持を一番奥に押し込んで
別の何かを優先して
保身になんて走らずに
強い風の中を歩いてきた女を・・・・・
古い世代の男性は嫌うのでしょうね。(苦笑)

もう充分に、私は疲れています。
それでも私は自分の信念を語ります。
それは
私の声は、私が出すしかないから。

誰かの言う「正しい意見」は、
誰かが「正しくない」と言う意見と
結局は同じ
ひとりの人間の声なのですよ。

前しか向かねぇ♪ [今を歩みつづけるはなし]

現実を受け止めて
日々、歩き進める[手(グー)] [るんるん]前しか向かねぇ[カラオケ]ってAKBだって歌っているもの。

誤嚥(ごえん)の検査を受けました。
これで、たびたび熱を出していた理由がやはり誤嚥性肺炎とわかりました。

スタッフさんの人数が多い〜
誤嚥検査1.JPG


普段の食事(ペースト食)に造影剤であるバリウムを混ぜてX線を照射しながら、飲み込み具合を見ます。
10年前にも誤嚥の検査を受けていますが
あの時は、細いカメラを口の横から入れて、
ちゃんと飲み込んでいるかをカメラで撮っていたように記憶しています。
あたり前ですが、10年で医学は随分と進んだのですね。

10年前の検査では、誤嚥はほとんど心配ないと診断されて
無事に真駒内養護学校の高等部へと進むことが出来ました。
雪の多い真冬の2月、猛吹雪の日に
学校の先生、寄宿舎の先生が同行して下さって、診断結果を聞いて、みんなでホッとしたのを懐かしく思い出します。


こんな感じで、照射です。
誤嚥検査2.JPG


飲み込む様子が見られます。
誤嚥検査3.JPG


今回の結果は
水分をそのままあげるのはダメ[ふらふら]とろみを付けて
そして食べ物の粘度もドロリとさせて
などなど、誤嚥しない工夫を要求されました。

お水をごくごくと飲める幸せなんて
あんまり意識したことは無かったけれど。。。
今から7年ちょっと前
重症肺炎で気管の狭窄が見つかって、大きな選択を迫られた時
賢治に食べる楽しみを残す[手(グー)][手(グー)]と決断したのですから
今回も
前しか向かねぇ[手(チョキ)]
胃瘻(イロウ)は作らない[exclamation×2]
賢治が大好きな食事[レストラン]
ヘルパーさんや、施設の皆さんにはまたまたお手数を掛ける事になってしまうけれど
みんなの工夫と愛情で[揺れるハート]
賢治の介護は、振り向かない、立ち止まらない、前を向くんです[手(グー)]
胃瘻→お腹に穴をあけてチューブを通して、そこから、水や栄養を流すもの。


そんなことで
明日はGW中にもかかわらず、ほとんどのヘルパーさんが、賢治の新食形態と食介助の研修に集まってくれます。

賢治が皆さんに愛されていることが母親として嬉しいです[揺れるハート][ぴかぴか(新しい)][揺れるハート]
そして
賢治ってスゴいな[グッド(上向き矢印)]と、改めて思うのでした。