So-net無料ブログ作成
他愛のないまったりとした話 ブログトップ
前の30件 | -

ハンモックでお昼寝 [他愛のないまったりとした話]

IMG_7589.JPG
二泊のショートスティを終えて帰宅。
僕のハンモックは眠りを誘う、、、
時々ヘルパーさんが静かに揺らしてくれて
気持ち良〜く眠る賢治です。
見ている私も、ゆったり気分。
もうすぐ27歳の息子ですが
私には癒しの姿です。

冬ごもり用の [他愛のないまったりとした話]

ずっと家で過ごすために
今日は冬ごもり用の食材をたっぷりと買ってきました。
ショッピングバッグ2袋にいっぱい!!![グッド(上向き矢印)]
バッグから取り出して、ヘルパーさんとペースト食のメニュー相談をしていると
賢治はニヤニヤ[わーい(嬉しい顔)][るんるん]
[レストラン][レストラン]って大切で、そして楽しみですよね。

絵画展以外では私とのツーショットは
笑顔になってくれない賢治です[あせあせ(飛び散る汗)]
今年は大きな病気や入院もなく、元気に過ごせて良かったね[揺れるハート]
えらい[るんるん][るんるん]えらい[るんるん]
Kenji.jpg

私、誕生日でした [他愛のないまったりとした話]

IMG_6429.JPG

気がつくと10月[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
そんな?で過ぎ去った先月 9月29日 笑[わーい(嬉しい顔)]
  34歳おめ。。
いえ[あせあせ(飛び散る汗)]44歳おめで・・・
いえいえ[たらーっ(汗)]
[バースデー]54歳の誕生日を迎えました[バースデー]
父が大好きないつものレストランで[レストラン]
この歳で両親に誕生日を祝ってもらえる幸せな箱入り娘なわたし[プレゼント]
[プレゼント]のサイズは毎年大きくなるけれど、中身はあまり変わらないこの娘

親がいるうちに孝行したいな[揺れるハート]
悔いがないように孝行がしたいな[揺れるハート]

私が人として大きくなれますように[ぴかぴか(新しい)]そんな事を願った誕生祝いの席でした。

平凡な日々の幸せ [他愛のないまったりとした話]

[るんるん]この日は散髪[るんるん][るんるん]
今日は散髪.jpg

賢治のヘルパーさんは
プロの美容師さん[手(チョキ)]です。
散髪中2.JPG


はい[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]出来上がり[ぴかぴか(新しい)]
散髪出来上がり.JPG

どぅ?カッコ良い?[わーい(嬉しい顔)]

[ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]
この日は日差しがあたたかな[晴れ]

ひなたぼっこをしながら
ヘルパーさんと遊ぶ賢治はご機嫌な笑顔です[揺れるハート]
ひなたぼっこ.jpg


髪を切ってスッキリとか
あたたかな太陽の日差しを浴びるとか
何気ない日々の出来事が
[揺れるハート][揺れるハート]とても幸せな毎日[揺れるハート]

いちねんとちょっと前に [他愛のないまったりとした話]

前のほうの記事を読んで
友達が戦前の話しかと思った(笑)とメールをくれました。
確かに
私には当たり前の感覚が
今になってやっと当たり前ではないと知ることが多くあります。

男が偉くてあたり前じゃないんです。
何があっても暴力はダメで、我慢して暴力を受け入れるのは、当たり前ではないんです。
誰かは尊重されて、誰かが粗末にされても良いものじゃないんです。

いつも私が
障がい者の差別について、もっと考えて!!と訴えているように

もはや
幼くもなく
誰かの下でやっと生き存えているわけでもなく
世の中の「常識」をある程度分かった今の私は
過去の自分は救えなくても、
今の自分を自分で救わなければならないのだと思います。
ただ
自分を救うそれ以上に
年老いた親へと、この先に出来る孝行がどのくらいあるかと考えてしまう焦りがあります。

去年の夏に書きかけた記事がそのまま下書きフォルダにありました。
タイトルは「きょうだい」でした。

私には姉がいます。
事情があって、
姉とは一度も家族として一緒に生活をする事はなく
そして
オトナになってからお互いの存在を知りました。

私なんかの数倍、姉の生い立ちは困難が大きかったと思います。
でも姉は今
きょうだいという血のつながりで
いえ、
なによりも人としての愛情で私を助けてくれています。

賢治がお世話になる施設へ、母の私以外の親族の念書が必要だった時
賢治の父親はいませんし、年老いた祖父母ではダメで
どうしようか?と困っていた時に
姉という血縁として快く書類を書いてくれました。

私たち姉妹はきっと幼い頃から
違った場面ではあるけれど
"血のつながり"というもので
良い思い出のない育ちかたをしていると思います。
そんな私たちが今
このように繋がれるのは幸せな事で、私にとっては感謝の思いでいっぱいです。

私が自分の持つ賢治の病気の遺伝子の話しをした時
「もし、他の人から
身内に障がい者がいる人はイヤだとか、
遺伝したら困るなどと言われたならば
そんな人はこちらから願い下げ。
人として、そんな人とは関わりたくないというのが自分たち家族の考えだから、
みっちゃん気にしないで」
そう言ってくれました。

そして実際に
一番上の甥は結婚する時にお嫁さんを連れてきて
「いとこの賢治くんだよ」と紹介しました。
そのお嫁さんは、前の方のBlog記事に出てきています、さゆりちゃん。
さゆりちゃんは賢治と初めて会った時から、車椅子に乗った無言(笑)の賢治の手を取って
「賢治くん、よろしくね〜」と笑顔でした。
もう何年も前から賢治のヘルパーさんで、賢治もさゆりちゃんが大好きです。

二番目の甥もまた
結婚する時には同じくお嫁さんを連れてきて賢治を紹介しました。
この甥は、学生時代には賢治の絵画展の設営や搬出など、何度も絵画展の手伝いをしてくれていました。

きょうだいとして育った時間は無くても
姉は私を妹として温かく受け入れてくれて
そして姉の家族が
いつも優しくいてくれることに
もう感謝以外に何も言葉はありません。
ありがたいです。

人の優しさを心から感じる時はいつも
賢治のおかげだなぁ〜とさえ思います。

人として
本当に大切なものは何だろう?といつも思います。
特に今日
国会の動きを見ていて
「今」が戦前になるのかな?
民主主義は死に、
富める者、権力者と、
そうではないものとの二極化が進んで
結局は
どんなに理不尽でも、
利己的に利益を選んで富と権力を得た支配者に支配される世の中になるのかな?

人として
人の命を大切に思うこと
人を思いやって平和を願うこと
争うより、愛することをえらぶこと
こんなシンプルな大切なことが
利己主義(本人たちは気がついていないかも)な心の中では
簡単に消せてしまうのだな・・・


人として大切なことを大切と言える世の中であってほしい
と考えていました。


瑠璃色のメロディ [他愛のないまったりとした話]

長年トップの壁紙にしていた「愛の歌」を

瑠璃色のメロディに換えてみました。
お気づきいただけましたでしょうか?

この絵は
渡邊賢治 Kenjiぼくのうた の本の表紙でも使っています。

絵の中にたくさんの妖精がいるように感じる絵です。
しばらくの間
このBlogのトップを彩ってもらいます。


長い夜に考える事 [他愛のないまったりとした話]

このところ
夜、眠れません。

ああ、今年もお墓参りに行けなかったな・・・



夜に考える事じゃありませんけれど。。。
昨年、そして今年。
私はまだお墓参りに行けません。
うちの母も、昨年からお墓参りに行くのをやめました。

今はもう、家長とか後継とか
そんな時代ではないので
かなり世の中、気楽になったのでは?と思いますが
私が育った時代はまだまだ家長にこだわるような考えが強くて

ですから
私なんぞは 女 ですから
物心ついた時から、
家族で祖父母の家へ行くと
祖父から
「美津子おまえは来なくてよい。なんで来たんだ?」
これがお決まりの挨拶でした。 笑

長男(父)の長男(兄)に対しては
「おぉ〜よく来たな、上がれあがれ。」
満面の笑みの祖父が兄を家にあげて喜んでいるスキに(笑) 
私はササッと、靴を脱いで、祖父の目の届かない台所の一角へと滑り込み
叔父達の中に紛れていました。

何を言われようと、どんなに嫌がられようと
一番歳の小さな私には、その扱いは
「世の中の当たり前なんだ」と感じていました。


「おまえは邪魔だ。なんで生まれてきたんだ?俺はいらんって言ったんだぞ。」
「美津子、おまえは学校なんて行かなくてよい。中学出たら充分だからな。」
これも何回となく繰り返し言われ続けた言葉です。
もちろん、言葉だけではなく
6歳上の兄ときょうだい喧嘩などしたものなら
祖父は顔を真っ赤にして激怒し
「兄ちゃんの言う事を聞けないやつはこらしめてやる」と私の手首をつかんで部屋から引きずり出される恐怖は今も覚えているほどです。

家の奥と物置の間に
鉄パイプで作った高い鉄棒がありました。
そこに「吊るしてやる」と私を引きずって行った時は、
さすがに私もめずらしく泣き叫んで「いやだ、やめて」を連呼しました。
祖父の手に握られた、私を吊るすための縄を奪い取り、私の手首を祖父の大きな手から外して、
「親父、わかったわかった、俺があとはやるから。戻って戻って」と助けてくれたのは
一番下の叔父だったのでしょうか?

最近になってこの話題が出た時
どうして父や三番目の叔父が、これを覚えていないのかが私には不思議でした。
でも、確実に覚えていた人がいました。
昨年のことです。

私は出戻りですから
兄が
「美津子は渡邊のあの墓に入るのか?」と聞きました。
私は
「入らないよ」と答えました。
「墓に入ってまで、いじめられたくないよな。ははははは」兄は大きく笑いました。

祖父が他界して30年もの時が経って、すっかり過去の話しとなったあの日々は
確かに笑い話しです。

ただ
私が幼かったあの頃
あれほどに、、、、王子と奴隷ほどに差をつけて祖父が兄と私を扱っていたことに
兄は気が付いていながら、
一度も私をかばうことなくいたのだと…
「墓に入ってまでいじめられたくないよな」…この言葉で私は初めて気がついたのでした。

祖父は晩年、癌に侵されて、最期までひどい痛みとの闘いでした。
「美津子、腹を押せ、もっと押せ、力入れろ!!」
痛みが来ると、祖父が私に命じる言葉は、まるで陣痛のように繰り返されました。
こちらも汗でびっしょりになるほどでした。

結局
最期を看取ったのは、祖父が、あれほどいじめ続けた、母と私でした。
私は二十歳でした。
「就職はいつでもできる、今はお母さんと一緒におじいちゃんの看病をしてくれ。」
これが私が父から受けた頼みでした。
同級生が幼稚園、保育園へと就職を決める中、私は『一般就職内定』と短大へは提出して
春からは毎日、病院へ。
それは長男(父)の嫁である母と、その家の娘(女である私)の当然の役割だったからです。

医師の宣告ではもっと長い闘病の予定でしたが、祖父は4月のうちに亡くなりました。
亡くなる前に
一度だけ
「美津子、すまなかったな」と祖父は言いました。
「そんなこと気にしなくて良いよ」と私は言いました。
祖父は最期に私へ「就職」のためのチャンスというプレゼントを与えてくれたのでしょうか?
それほどのブランクではなかったため、私は母校の付属幼稚園へと当時の園長先生のお気持ちに救われて、勤めることができました。

その祖父は、どれだけ兄を愛していたか
父が兄をとても愛していたように
あのころの社会って、男の子が大切だったんですね。
そして愛情表現の不器用さが、私を『いじめる』ことになってしまった祖父が眠るお墓に、私は…
申し訳なくて行けないのです。

あんなに愛していた兄が渡邊家を捨てました。
原因は私が障がいのある息子を持っていることです。

美津子
 なんで生まれてきたんだ? 俺はいらんって言ったんだぞ。

あの言葉は、こうなった今のために祖父は幼い私に言ったのでしょうか?

ご先祖様のおかげで生まれてこれたと感謝している私や賢治の気持ちは
お墓に行かなくても届いているかしら? と思う夏が
今年も過ぎました。



さて、夜が明けて明るくなってきました。
夜の暗さがほどけると、少し気持ちが楽になります。

少し眠れそうです。



ありがとうの日常 [他愛のないまったりとした話]

少し秋の気配
お花を見にお散歩へ
お散歩2015.JPG


イベントが続いて
走り抜けたような今年の夏でした。

たくさんの方々からいただいた
励ましのお言葉や
優しいお気持ちに
たくさん触れられて
とても幸せでした。

そして今
何気ない日常もまた
とっても幸せ

賢治が元気で笑顔を見せてくれること
ありがたい[揺れるハート]親孝行です。

先日、お友達のブログで
「ありがとう」の対義語をとりあげていました。
ありがとう→ 有り難い
だから対義語は
ありがとう ⇔ 当たり前
だそうです。

いつもの通りの日々は
当たり前じゃなくて
1日1日がありがたい時間。
深いなぁ〜と思いながら読んだ記事でした。

「ありがとう」をすっと口にできる人でいたいなぁと思います。
もちろん
心を込めた「ありがとう」を。

この夏の その1 [他愛のないまったりとした話]

18歳の[るんるん]キャピキャピ[るんるん](この表現すらもう古い) の女子大生だった私たち
あれから
もう何年経ったのでしょう。。。。数えるのはやめましょう[あせあせ(飛び散る汗)]

私たち保育科はみんな仲が良くて
こうして、何年も何年も[揺れるハート]つながってくれている友達に
いつも助けられて、励まされて、
本当に感謝です。

今回、ともちゃんのご主人が写してくれた写真
三人の笑顔は、何年経っても変わらないね[揺れるハート]
これからも、ヨロシクね[かわいい]
同級生.png


みんなが幸せ♡で良いんじゃないかな [他愛のないまったりとした話]

先日、無事に
HBCラジオ「多恵子の今夜もふたり言」ゲストトークの二夜目を終えて

自分の言葉を思い返して
あらためて、今
「やっぱり、みんな幸せ♡で良いんじゃないかな」と思っています。

みんながそれぞれの辛さや痛みを経験して実感するのは難しいけれど
私たちはイメージする力をもっている"にんげん"だから

(イメージして) 相手を思いやること
(イメージして) 相手のために何か自分に出来ることがあるのかな?と考えること

お互いがお互いを、そう思いやったら
みんなが幸せになれるんじゃないかな?

あまりに単純な発想かもしれませんが
案外
世の中ってそうなのかもしれないと思います。

皆がそれぞれ、自国の利益や主義主張を通そうとするのをやめたら、戦争は起こらないし

人は皆やがて老いるのだから
障がいとか、病気とか、決して他人事ではないはず

相手にも 自分にも 優しく在れる世の中になると

[ぴかぴか(新しい)]いいなぁ〜[ぴかぴか(新しい)]


可愛い♡ [他愛のないまったりとした話]

フェイスペインティング・・・・ではないのですが

image-2.jpeg



これが度を超すと

IMG_2470.JPG


これになるわけで

右手の不随意運動で
自分の顔を叩いてしまう賢治


その対策

賢治マスコット.png


ズボンから手を出すくらいは、賢治も出来るのですが
な〜んか落ち着くのでしょうか。。。。この体勢
頭にひもつけて、ちょっと小さくしたら(ちょっとって[あせあせ(飛び散る汗)]) ストラップのマスコットになるね[揺れるハート]かわぃぃ[るんるん]と話しながら写メる、親とヘルパーでした。


優しく生きたい。 [他愛のないまったりとした話]

久しぶりに長文です。
お時間のある時に読んでください[るんるん]

年末、長い風邪で休んでいた中、ふと感じた事からはじまって
色々書きます。


たとえば、子育て中のお母さん。

自分が風邪をひいても
育児や家事を休めるわけではなく
まぁ、年が若いと無理が効いちゃうので
下手をすると病院にも行かないまま
家にある市販のお薬を飲んで、
「あら、何となく良くなったわ[わーい(嬉しい顔)]」みたいな感じで
がっちり休む[手(グー)]なんて事をしないかたが多いのでは??


がっちり休んでも、なかなか治らない52歳の私は
年相応??の回復力かもしれないけれど
きっと、気持にも[黒ハート]余裕が出来たんだなぁ〜と思います[ぴかぴか(新しい)]

これまで長い間、私の役目のひとつだった賢治の看護、介護。
その役目は、
振り返ると、これまでの私の生きがいでもありました。

誰かに頼りにされるとか、誰かの役に立てるのは
実は嬉しい事です。
きっと、人って、
そういう事が、知らず知らずに生きがいになっている部分があると思います。

でももし
あまりにも忙しい日々が続いて、精神や肉体がきつくなってしまうと
そんな素朴な嬉しさを忘れて
辛い。。。
と思ってしまうのかもしれません。

こうして今
自分の体を労れるようになる時が来るとは、
私自身、ほんの二年前には想像していなかった事です。

風邪の治りが遅いことで
こんな、自分の気持の余裕を感じるなんて、それこそ余裕ですね。[わーい(嬉しい顔)]
そして
これまでの、私の生きがいは、
私を幸せにしてくれていたこと、
今はかたちを変えて、
私が何歳になっても親として、人として、
これから先の人生を歩む楽しみや喜びを与えてくれていること、
それに心から感謝[ぴかぴか(新しい)]しています。

六年前のブログ記事からの一文をコピペします。
[かわいい][かわいい][かわいい]「誰かの犠牲のもとに 本当の意味で誰も幸せにはなれない」と優香が私に言ったのは彼女が中学生のころ
彼女の発言は時々哲学的ですが いつもマトを射ています
そのたびに私は
「私は何の犠牲にもなっていない。私の幸せは優香と賢治の幸せ」
本心から この言葉を繰り返していました。[かわいい][かわいい][かわいい]

このブログを書いた六年前は
まだまだ大変忙しい時でした。
自分が休むことは忘れて
毎日「自分の仕事」に向かっていました。

「自分の仕事」 とは
ピアノ指導の仕事、家事、看護、介護、家族の諸々の用事などです。
そして、それらのほとんどが私の生きがいでした。

とても忙しかったけれど、
これは自分にしか出来ないもの[手(チョキ)]と思っている仕事には生きがいを感じました。
そんなに大きな事ではないんです。
自分の子に母として関わるのは自分にしかできない、とか
私として両親へ何かをするのは、私しかできない、とか
そういう事です。

誰もが
この世に存在していること自体、唯一自分にしかできないことです。
ですから
自分にしかできないことを「やっている」と自分で意識するのは、
誰もが出来ることであり、また、とても意義のあることです。

生きるとは、自分の意志のもと、でもあります。
周りに生かされながら、また多くの「幸運」によって、健康な体を授かり、守られ、命をつなげられ、
そして自分の意思で生きています。
もし
生きる中で何か辛い事があれば
その辛さから離れるのも、離れずにとどまるのも
結局は自分の判断だと思うのです。
つまり
何かの事情があるから、、、、だから自分は
この辛さから離れるわけには行かない!!と判断するのは、
事情のせいじゃない、自分の意思だと思います。
誰かを保護するためとか、義務とか、世間体とか
事情は色々あるでしょうが
脅され、無理強いされない以上は
自分の意志だと思うのが私の考えです。

だからやっぱり
私にとっては大変な事も多いこれまでの道のりだったけれど
「私は何の犠牲にもなってはいない」
そう、優香に話してきたように、
いつも自分の意志で道を選んで生きている
と思えていたのだと思います。

自己犠牲、犠牲的精神について考える時、
私はモノクロのワンシーンが浮かびます(笑)
戦時中、
皆がひもじい思いをしていて、
食べ物が手に入った時
「お母さんはお腹が空いていないから食べなさい」と
自分の分を差し出す

この
お母さんの犠牲的精神の核は「愛」だと思います。

ただ、ただ
純粋な愛情から生まれた行為
この自己犠牲の愛は相手の愛を生み(相手に愛を汲む心があれば)
愛の連鎖になると思います。

人が生きるって
いくつになっても
袖振り合うご縁の中で
育て、育てられているものだから
愛を持って歩くと自然に愛が増えて、
もし、憎しみを持って歩くと
残念ながら憎しみが増えるように思います。

そして、生きるって
愛などの「感情」と
それとは対義する「理性」の
両方を試される連続のような気がします。

悲しい、辛い、そんなやりきれない感情を抱えた時、
感情的に怒りを放ったり、何かのせいにしたり、誰かを恨んだり憎んだり
そんな負の感情ばかりを持ったところで、
これは何の解決にもなりません。

理性的に平和な解決方法をイメージすると言ったらよいでしょうか。
こうしたら、こうなるだろうから、
そうなるように
今はこうして解決に向かいそうな、この一手を打とう[手(パー)]
些細な問題でも、時にはコドモに、この思考の↑流れを説明して、
コドモの問題、オトナの問題を解いて行く方法が良いのでは?と私は考えています。
コドモとは我が子だけではありません。

なぜ理性的に考えた方が良いと思うか?というと
私は自分に自信がないからです。
感情に流されずに他者の気持を考えるところから入らねば、
自分の気持が正しいのか判断するのが難しいのです。

自分に自信がない人はたくさんいると思います。

私の場合
とても封建的な考えの強い明治生まれの祖父が家長の渡邊家に生まれました。
今の時代では信じられないような
"無用の存在"の扱いを受けてきました。
でも私は
お屋根のある所に住み、ご飯を食べられて、学校へ行けるだけで
幸せ[揺れるハート]と感じる呑気な子でした。

呑気にオトナになった私は
ちゃんと考えなければいけない「親」になりました。
何かあると
相手の気持を考えるようになりました。
自分の中にふたつの人格を同時に置きます。
それは自分ではない他を受容した上で、それがどんな気持なのかを一生懸命に考えることです。

気がつくと私は、考えて、考えて、考えすぎるほど考える性質になっていました。
でも、もともとが、安直に自責へと進んで解決してしまう性質でしたので、
考える癖をつけてから、やっと自分を守ることが出来るようになったと言えます。
そしてその結果は、
やっと、自分のことを自分で受け入れられるようになりました。
判断の元になる価値観は私のものではありますが
私のこれまでの経験から得た価値観は、そうそう非情なものではないと自信を持てるようになりました。
私は無用な存在ではないと、心から思えるようになりました。


自分に自信満々の人なんて
そう多くはないのでしょう。

みんな、みんな、それぞれ一生懸命に生きているのだと思います。
だから
みんなが優しい気持で生きられると良いなと思います。

私はこれからの人生を優しい気持で生きたいです。
自分を卑下することもなく。
誰かを憎むこともなく。
自分のこれまでの人生は自分で責任を持って
誰のせいでもない
だからこそ、
自分のための人生なのだ!!と思うと
優しくなれる気がします。

室内リハビリ [他愛のないまったりとした話]

賢治の風邪はひと段落
ショートスティやディサービスに通えるようになりました。
IMG_2571.JPG


賢治が手に持っているのは
鎌倉のお土産、かまくら大仏棒

6月に家族で東京へ行った時
優香からお留守番している賢治へのお土産に買ったもの
賢治はそれが気に入って
もう、すぐにボロボロになるほど
それで
ネットで探したところ、境内のお土産屋さんが郵送してくれるとわかり
大人買いしました[手(チョキ)]

それを使って
賢治流、自己リハビリ?

よいしょ よいしょ
IMG_2576.jpeg

IMG_2575.JPG

IMG_2576.jpeg

IMG_2575.JPG


ボートを漕ぐような動き[わーい(嬉しい顔)]

札幌はいよいよ根雪になった感じです。
これからは室内リハビリ&絵を描いて過ごそうね[ぴかぴか(新しい)][かわいい][るんるん]

秋祭り三昧 [他愛のないまったりとした話]

お世話になっている各施設での秋祭りが
この土、日にありました。

ちょっと売り子さん体験?
ポストカードと本を置かせてもらいました。
皆さん販売ありがとう!!![揺れるハート]
賢治楡の会.jpeg
 

[るんるん]わたあめ買ってぇ〜[るんるん]

わたあめ.jpeg


[るんるん]わたあめ〜[るんるん]
image.jpg


俺!!24歳だからさ[手(パー)]態度悪そうなポーズでごめん
image.jpg


昔、昔に、こんなシリーズ見てたよな、、、でも俺 24歳だからさ、今。。。おっ!!ピンクだけじゃなくて、黄色も女の子だっっっ[目]
image.jpg

image.jpg


でも
暑くもなく涼しい夏の終わりは気持ち良いなぁ〜
image.jpg


おかぁさん。たまの日曜日、行くところ無いの?? 俺がヘルパーさんと出掛けるのに付いてきたんだ!?
image.jpg

何か良い感じ(^ . ^) [他愛のないまったりとした話]

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
[ぴかぴか(新しい)]北海道神宮のおみくじ[ぴかぴか(新しい)]
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
=?ISO-2022-JP?B?GyRCPEw_PxsoQi5KUEc=?=-4.jpeg

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
2014年[るんるん][グッド(上向き矢印)]大吉にするのも私の努力次第とのこと[グッド(上向き矢印)]
頑張ると、その先に大吉があるなら[ひらめき]
がんばります[exclamation×2][手(グー)][手(グー)][手(グー)](鼻先にニンジンぶらさげられた馬なみに単純な私。)
ウマ年だけに、おあとがよろしいようでm(_ _)m

病院での長い待ち時間の話しから長々と話すと長くなってしまった話し [他愛のないまったりとした話]

賢治の病院通いの生活を長くしてきましたが
今は、ヘルパーさんにそれをお任せして
私は、自分のための病院通いを始めて
自分のスケジュールの中にそれが組み込まれる事に
「ああ、私も余裕が出来たなぁ〜[手(チョキ)]
と変な安心感を得たり(笑)
賢治を連れずに自分ひとりで病院へ行く違和感にも慣れて
本を読んだり、待ち合い室のテレビをゆっくり見たり
自分の時間を満喫している(^^;;このごろです。

さて、そんなダラダラ感のまま
昨日の待ち合いで隣に座った女性の話しをします[たらーっ(汗)](笑)

「いったいどんだけ待たせるんだ。このやろう」
「もう、イヤだ」
「ハラ減った」
「ちくしょう ちくしょう」
「あー、あー疲れた、やってらんねぇ」
この言葉をアトランダムに5回くらい繰り返し言っては
隣のご主人と、普通の会話を、普通の言葉使いで話して
また
「ちくしょう ちくしょう」
「ハラ減った」
を繰り返していました。。。。。。

な…[たらーっ(汗)]
なんかなぁ……~_~; (こんな事が気になって本が読めない私も私だが)
この女性、こーいう事を言っちゃう病気なのかな?
にしては
普通の会話は普通だし
いやいや
やっばり、病気なのかな・・・・?(ずっと気にしている私も私だが)

女性の言葉使いの乱れを嘆く声が聞かれますが
ギャルと言われるような若い人だけではなくて
私の少し上の世代でも
こんな言葉を使っちゃうんだぁ
。。。やっぱり病気なのかな?? (笑)
すっかり[あせあせ(飛び散る汗)]気になって(笑)本がよめなくなってしまった私は[わーい(嬉しい顔)]
賢治との病院通いの日々を思い出していました。

今でこそ賢治は、車いす[車椅子]で、言語もなくなってしまいましたが[もうやだ~(悲しい顔)]
以前はひどく多動[モバQ]で、走り回る、他の人を叩く、置物は壊す。突然、歌いだしたり、大きな声を出すetc etc[ダッシュ(走り出すさま)]
騒がないように、サワガナイヨウニ・・・
絵本を読んだり、おやつをあげたり、手をひいて、待ち合いエリアをグルグルお散歩したり
周りの人に迷惑を掛けないようにと神経をすり減らしていた、、、、のは私だけではなくて
実際
障害のある子を持つ親が、病院など外へ子を連れて行く、その労力は
それはもう、半端なく、みんな大変でした。
子どもは成長します。
病院通いが続いても、大概の子は成長して、親が目を離しても大丈夫になったり、自分で通院できるようになって、親の労力は減って行きます。
でも、障害のある子の場合は、
親は歳を取って行きます。
基本的に障害が軽くなるという事は少ないです。
そんなわけで、障害のある子の親は◯十年の単位で病院に通い続けるので、
病院での知り合いが多くなります。
あれ、Aくんのお母さんの姿が無い??
付き添ってきていたかたに「お母さんは?」と聞くと「いえ、ちょっと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
その後、お母さんは重いウツ病になってしまったと、Aくんの家族から聞いて
あーー無理しちゃったんだな[もうやだ~(悲しい顔)]
こんなふうに
Aくんのお母さんだけではなくて
待合いで会わなくなったお母さんたちが何人もいます。

そんなに・・・・、
自分が壊れるほど、頑張りたくはないのだけれど
社会には、
親、特に母親にその責任を強いて当然の、暗黙のプレッシャーが大きくあって
どこまで頑張るか? なんて言っていられない現実をただ、ただ頑張るだけのお母さんたち。

私はこのプログで何度も書いている通り
「私は確かに賢治の母親ですが、
私がこれ以上、介護、看護をやるのは無理です。私が壊れます。」とお役所に言い続けました。
そのときのお役所の答えは
「ではお母さんが入院して、賢治くんを看られなくなった時に役所へ電話をください」でした。
「誰が連絡するんですか? 私が入院するほど悪くなった時に、私がお役所に電話できなかったら、どうするんですか? 賢治はどうなるんですか?」
、、、、沈黙>>>>>>が続く。。
「私が倒れてからでは遅いんです」
そんなやりとりが何年続いたでしょう。
あるときは、お役所へ行って、
寝不足と疲労で全身にジンマシンが出た手足を見せて( わかり易い症状で良かった[手(チョキ)])
背骨の二カ所がつぶれたレントゲン写真を見せて(これまた!!わかり易い)
賢治を抱きかかえられないと訴え
そして、何よりもわかってもらうのが難しい精神状態については
パニック障害とか、 心身症とかは漠然としていて、わかってもらえません。
なんと説明してよいか迷いながらも
「これ以上頑張れば頑張るほど、確実に頑張れる時間は短くなります。
もう、すぐそこに限界がきています。」
と説明したけれど
これは、どれだけ、わかってもらえたかしら?
それでも、あきらめずに発信し続けて良かったです。

今、札幌市のPA制度をフルに活用して、賢治の介護と看護を、私の代わりにメインヘルパーさんが全ヘルバーさんのシフト作成から施設、病院、リハビリの予約。また、体重、体調をみながら賢治の食事作りの内容を決めたり。
お仕事として、賢治の生活のサポートのほとんどをやってもらえるようになりました。

私の状態を年齢で考えると個人差がありますが、
私が自分の人生として、これを考えると、
時期としては、本当にギリギリに間に合ったと思っています。
。。。。なんて事を。。。。
病院の隣の席の女性の言葉を聞きながら( ああ、この話しの始まりはコレだったわ)
私は
  ちょっとだけ体をこわして、
  ちょっとだけ心を病んで、
でも、今は自分を癒せる時間があるから
これから、ここで、ゆっくり治そうっと[手(チョキ)]
待ち時間に腹を立てずに、焦らずに、そう思える事に
感謝しなくちゃ、と思うのでした。

ところで
私が隣の席の女性の言葉を聞いて一番感じたのは
[ぴかぴか(新しい)]言葉って、とっても大切[ぴかぴか(新しい)]
世の中
良い人ばかりなら良いけれど(笑)
言葉は暴力にもなります。

自分がヒドイ言葉をこちらに投げたのに、
次の瞬間、
こちらがそのヒドイ言葉を使ったと言ったり、言わせたと言って
あーー私、こんなヒドイ事を言われて傷ついたぁぁぁと
逆ギレ
自分の非は棚に上げて、自分が被った??被害??の思い込みをふくらませる人なんかもいます。

ところで
私はよく、文が長い  と言われます(笑)
はい、確かに、今日のこれも長い[わーい(嬉しい顔)]
相手に、こちらの色々な事情をわかってもらって、ある程度理解してもらった上で、正直に自分の気持ちと言うか、誠意を伝えたいと思っています。
でも、
「そんなことしたところで、相手は、そんなもの、汲み取りやしない。
自分の都合の良いように受け取るだけだよ[手(パー)]」と言われます。
でも、でも、、、これが私のやり方なんです。
前のブログにも書いた、私の生き方の一部なんです。

必要以上に相手のミスを指摘はしないで事実だけを言う[手(パー)]
私がなぜ、そう決断したかは、相手のこういう行動に共感できなかったから[手(パー)]と判断のポイントを[ひらめき]
〜〜故に、私はこの結論へ導かれましたと、客観的に説明します。
そうそう、私は文系ですが、数学の証明問題、
すっきり解決して、後味良くて[るんるん]大好きでした(笑)

[揺れるハート][揺れるハート]が介入しない人との関係間ではたとえ
欲、怠惰、無関心、そんな曖昧な感情があったとしても
簡潔に、明確に、結論まで書けます。
そのかわり
[揺れるハート][黒ハート][揺れるハート][黒ハート]のある人たちとの会話には
自分の[ぴかぴか(新しい)][揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]想い、迷い、痛み、とまどい、悲しみ、願い、希望[ぴかぴか(新しい)][揺れるハート][かわいい][ぴかぴか(新しい)]をたくさん入れた、とても長くて曖昧な文になります。
言葉って
本当に大切。
ってことは
私の話しや文が長いほど[揺れるハート]愛があるんですね[揺れるハート][わーい(嬉しい顔)]
愛があふれてあふれてしまったプログ記事でしたm(_ _)m

やっぱり犬が好き♡ [他愛のないまったりとした話]

知人の愛犬、なっちゃんが遊びに来てくれました。
なっちゃんは賢くて
ちゃんと手加減?? 口加減? してタオルを引っ張っています。
なっちゃんとけんじ2.jpg

[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]チュッ[ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)]
なっちゃんと賢治1.jpg

誕生日 [他愛のないまったりとした話]

私の誕生日でした。
ヘルパーさんが
賢治から私へのメッセージを
賢治のオデコに貼って(画像編集ではなくて、リアルに紙をオデコに貼っています[わーい(嬉しい顔)])
image-1.jpeg


いつになく
頭をブンブン振らずにカメラを見ていた賢治
image-2.jpeg

ケーキを食べた後は
もう、頭をブンブンに振って
撮影協力。。拒否[あせあせ(飛び散る汗)]

賢治・・・ケーキが目的だったのね[たらーっ(汗)]

お墓参り [他愛のないまったりとした話]

ヘルパーさんの助けを借りて
お墓参りにも行けるようになりました[手(チョキ)]

お墓とお墓のあいだの道を
車椅子で進むのは難しくて
以前は優香が賢治を抱えて
なんとかお参りに行っていましたが

ここ最近はあきらめていました。

先日、久しぶりのお墓参りへと[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

渡邊家のご先祖様
みんなを守ってください[ぴかぴか(新しい)]
__ (3).JPG


さてさて
優香はまた東京へ[飛行機]

少しずつ 楽に生きたいな その6 [他愛のないまったりとした話]

賢治のヘルパーさん体制が
かなり[手(チョキ)]完璧に充実してきまして[手(グー)][ぴかぴか(新しい)]
私は
介護から引退いたしました[手(チョキ)]
長い間、お疲れちゃん[手(パー)] と自分で言う(笑)
そこで、私にもレンタルビデオを見る時間なんぞが出来て
若かったあの日から最近まで
映画好き、音楽好き、でも見る、聴く時間がぁぁぁ〜[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
その空白を埋めるように

観ています[グッド(上向き矢印)]聴いています[るんるん]

テレビも見ています。
今日はテレビで
泣く演技の指導の場面を見ました。
「生きてきた中で悲しいことを思い出して泣け!!」と指導している彼は
並の苦労じゃない人生を歩んだ人。
彼を見ていて勝手に私が思ったのは
「人生なんて、
悲しいことにフタをしてやっと生きているんだから、、、
思い出さないように頑張って、泣かないでいるんだから、
心を解放したら
大粒の涙がすぐにこぼれちゃう。。。彼はそうだろうに。」

そう考えただけで私は
彼の代わり??に涙があふれてしまいました。

話しは突然変わりますが

先日、知人に手相をみてもらいました。
手相によると私は、考えて考えて 考えて。。。すごく考えて。(笑) 精神がまいっちゃうくらい考える人だそうです。[あせあせ(飛び散る汗)]
実はコレ
当たっていて(笑) 私はどうやら大雑把のO型の衣装をまとった偏屈で
「私って面倒くさくてイヤになるでしょう??」
[雪][雪][雪]そっ・・そんなこと聞かれても、
周りは
「うん[たらーっ(汗)]
とは言えないとわかりつつ[ふらふら]
ややこしい私は
色々と考えては
むむむむむむむ[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]と悩むのです。

ああ、厄介だ[雨]

こんな私に応えてくれた?[ひらめき]のが
メル・ギブソン主演の映画「The Beaver」
邦題「それでも、愛してる」
邦題の通り
それでも
何度でも あきらめず 投げ出さず
あなたを愛してくれる人が周りにいる
人は 決して ひとり ではない

泣ける〜[たらーっ(汗)]

50歳も真ん中を過ぎました。
今年は51歳。
これからはあまり外を気にし過ぎずに
ほどほどに
我が身を
内観ができる
そんな自分作りをしたいと思っています。
映画を観て、音楽を聴きながら[るんるん][手(グー)]

何はなくとも
私を、、[パンチ]いえいえ、賢治を愛してくださる
ヘルパーの皆様
医療関係者の方々
施設の方々
[ぴかぴか(新しい)][かわいい]本当にありがとうございます[ぴかぴか(新しい)][かわいい]
そして
面倒でも私を投げ出さない
私の周りの皆様
心から[揺れるハート]ありがとう[揺れるハート]

少しずつ すこしずつ [他愛のないまったりとした話]

前の記事をアップしてから
あっっっっと言う間に一ヶ月
[ふらふら]いけない[あせあせ(飛び散る汗)]いけない[ふらふら]

世の中は大型連休の後半とのこと[るんるん]
札幌はまだ、吐く息は白く
峠には雪が降り
梅も桜も
街をピンク[かわいい]に染めてくれません。
[リゾート]南国にいきたーーい[リゾート]
[ぴかぴか(新しい)]光合成したーーい(私が)と
北国の街で遠吠えしております。

そんな気候ですから
賢治は外へお散歩にも出られず
ヘルパーさんとストーブのついた室内で
まったりと過ごしています。
=?ISO-2022-JP?B?GyRCPEw-PxsoQi5KUEc=?=.jpeg

まったり〜 夜中は寝ないが、吸入の時間に寝るヘルパーさん泣かせの賢治[たらーっ(汗)]
早く暖かくなって
お散歩が出来るとよいなぁ

12月の賢治 [他愛のないまったりとした話]

賢治の揉み手.jpg

「もう、師走ですね。
今年もいろいろとご心配をおかけして、すいませんでしたm(_ _)m。
この手、揉み揉みの姿で赦してやってください(笑)
僕は寒さに負けず、毎日元気です。
皆様も、お体に気をつけて。
今年一年の最後の日々をお過ごしください。」

揉み手が可愛くて[かわいい]撮ってしまった[カメラ](笑)

パワーストーンの悲しみを [他愛のないまったりとした話]

日没.jpg


流行りのパワーストーン

呼ばれるみたいな感覚のまま
美しい石を選んでみると

ねぇ神様
どうか私に与えてください!!!!

私の心は
必死な捨て犬のようだったなんて
笑える

本当は
自分の悲しみの石たちを
なぜか
お守りにして身につけて
今日もまた
「きっと良いことあるさ」
なんて過ごす
・・・・とっても不思議

ことばが
刃になることも
愛になることも
意味のない音になることも
みんな
わかっている

ねぇ神様
たとえ私が毎日
100点満点の
優しい笑顔で、愛のことばを口にして
慈愛深い清い心で過ごして
なににも
いからず、おびえず、ひるまず、くじけず
・・・そうしたって
幸せがやってくるなんて
約束できないでしょう?

だから私は おびえるの

笑顔の下で 思い切り泣いては
悲しみが求めたパワーストーンを
大切に身につける

自分の望む人生って
どこまで
自分の頑張りで作れるのかな?

神様
わたしの人生が
もうすぐ
半世紀になりますよ 

ねぇ 神様

まだまだ
頑張らなくちゃダメなんだね 
わたし

日向はいいなぁ [他愛のないまったりとした話]

陽を浴びて
うと うと

お陽さまの下で
のび のび

身も心も
ほぐれる

日向は いいなぁ

あたたかな
どようびの  ごご

ひなたぼっこ.jpg

病院にて [他愛のないまったりとした話]

賢治の、一番のポイント[ひらめき]
呼吸

息するなんて
当たり前の私たちにとって
彼の大変さを理解するのは、とても難しいけれど
とにかく
ケア あるのみ[手(グー)]
肺リハビリってのに[手(チョキ)]通っています。

札医にて1.jpg


いつも   
の 文字入りヨダレ掛けをしているので
某施設では「油っ子」[あせあせ(飛び散る汗)]と呼ばれています(笑)

これは「千と千尋の神隠し」タオルで
タオルの卸店で仕入れたB級品。
未縫製のタオルを100枚ほど買いました。
そして
私が長年の経験で(笑) たどりついた[かわいい]賢治用ヨダレかけ[かわいい]
にと、
ミシンで縫い 縫い
大量に作りました

だから

いつも「油」なんです[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

札医にて3.jpg

せんせいぃぃぃ~  気持ち良いよぉぉぉ~
肺リハビリ中の賢治は気持ち良さそうです[揺れるハート]

眠れぬ夜 [他愛のないまったりとした話]

オフコースの歌に「眠れぬ夜」というのがあります。

私は
小田和正さんが大好きで
高校時代の思い出=オフコース
でした。

「眠れぬ夜」の中に

♪ 眠れない夜と 雨の日には
  忘れかけてた
  愛がよみがえる

って歌詞があります。

当時から 私は ここの部分に(- - ;)むむむ

今も 私は 眠れない夜と 雨の日が大嫌いです
夜が嫌い
雨の日は 暗いから嫌い

沈んだ気持ちの日に
どうして
忘れかけてた 愛がよみがえるのか???

寂しいから??? 人恋しくて???

私は
眠れない夜と雨の日は

逆に
今、しっかり胸の中にある愛すら 失いそうな
孤独感に襲われるような気がします。

と言っても

忘れかけてた愛も何もないので((笑))

ただ
眠れぬ夜が続いていて
大嫌いな夜と闘っている 
それだけの私ですが


やはり
長い年月を
不規則な睡眠で過ごしてきたので
時々
とても困ります

もう
賢治の夜間介護はヘルパーさんに任せているのに

ね・・・・眠れない

今朝も
またまた昨日と同じことを書きますが
朝、ちゃんと起きて(2~3時間は寝てます)
お昼寝なんぞもせずに、ちゃんと活動しています。

CIMG6656.JPG

    今日の賢治
    ひとりで座ってますよ[揺れるハート]

[晴れ]晴れた白夜の世界に住みたい[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


一番信じてあげなきゃ 自分を [他愛のないまったりとした話]

ふと 20年以上前の話を 思いだした。

友人の妹さんが、第二子を生んだ。

その子は脳を含む、内臓など、多くの箇所に問題があって
医師から
長くは生きられないと宣告され
生まれてからずっと、病院にいて
そして
半年も経たぬうちに 亡くなってしまった。

友人が
それを私に知らせてくれたのは
もう
すっかり落ち着いた頃。
そして
話してくれたのは

「あのね、不思議なの。
妹から、姪が亡くなったと知らせを受ける前に
理由もなく、私は涙が止まらなくなっていて
ひとりで家で泣いていたの。
そして
翌日、姪が亡くなったの。

妹は、覚悟ができていたから大丈夫!!と毅然としていたの。
でも
私は、それからも涙が止まらなくて
こんなに泣いたことはないくらい泣いた。

私、思ったんだけど
きっと
私は妹の涙を引き受けたんじゃないかな?
もし、妹が泣いて取り乱したら
まだ2歳の上のお兄ちゃんが心配するだろうし
それに妹の死を理解できない、お兄ちゃんの世話はしなきゃならないし
だから
妹は泣けなかったでしょう。
それで
私がそれを引き受けたとしか思えない」


近いものが
近き愛する者の涙を引き受ける

そんな体験を
つい最近、久しぶりに
私も得て(過去にも経験していました)

やっぱり
ニンゲンが生きる この世は
「心」っていう
目には見えない
おもいやり、やさしさ、配慮、共感。。。。。
すべて    で
支え合っているのだなぁ
そう
しみじみと思いました。

   [かわいい][かわいい][かわいい]  

「どうして、そう[晴れ]明るく[晴れ]していられるのですか?」
よく、質問されます。

新聞に
「余命5分」とか大きく載りましたし[あせあせ(飛び散る汗)]
もう
賢治の気管の問題を知っているかたは多いです

実際に先日は心肺停止という事態を迎えて
・・・・・・・
[手(チョキ)]さすが[手(チョキ)]と言うのか(笑)
賢治パワーで復活しました[ぴかぴか(新しい)]
これは
この先もずっと続く
我が子の命。。。。。。。は ハラハラハラハラ[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]なのですけれど

賢治は自分の命を信じています
強い意志で
それは 自分が決める と

だからお母さん
僕のために 泣かないで
僕のために 自分の人生をあきらめないで
僕のために 幸せを見失わないで
それは
僕のためには ならないから

自分にとって、特別な人間に
「〇〇だから」と理由をいっぱい付けて
その人の人生を左右することは できるけれど
賢治はそれを望まない


私が一番に信じなければならないのは
自分です

誰かを疑うことは 簡単
誰か、自分にとって都合の良い人を信じるのは 簡単

でも

自分の心は、自分が一番よくわかるに決まってる!!!
と思いながらも
自分の心のシャッターを下ろして
悲しみも 喜びも
何も見えないふりをするほうが楽に生きられる・・・・そんな経験が多いと
自分を疑うことを忘れ
自分を信じることすらも忘れ
ルールブックに照らし合わせて歩くだけの
抜け殻になり兼ねない


近いものが 近き愛する者の涙を引き受ける

私の場合 私の悲しみや涙は 何も言っていないのに 必ず 優香が引き受けてくれています

涙を引き受けてくれる誰かがいると知っているのなら
自分は
誰かに愛されている人間だと
信じてあげなければ

自分の悲しみにフタをしない
自分の喜びに素直になる
自分へと与えてくれる、多くの方々の愛に
感謝しなくては

賢治から私へのメッセージです。

 誰が伝えてくれた??とか、あんまり考えないでください。
(重ねて、いつも申しますが私は無信仰者です)

「お母さん、
  花はその日一日、美しく咲こうとしているんだよ
  お母さんも、その日一日を大切に、花のように。
  お母さんは愛がいっぱいだから
  ヒビが入ったことも、心も、修復できる。
  信じる力
  無理をせずにマイペースで
  悩みは人を成長させる
  お母さんはどんな大変なことも越えてきた。
  僕はずっと見てきた。
  その時、起こったことを感謝して。
  乗り越えられる。見守っているから。
  立体的なことが起こるから、人生はおもしろいんだよ。
  美しい。。。。。内面が美しいね。」


  ありがとう賢治



そんな賢治の今日は
OT(作業療法)でイキイキ[ぴかぴか(新しい)]
CIMG6630.JPG




 



笑えないケド笑っちゃう話 [他愛のないまったりとした話]

年賀状。。。。。。

この数年 ・・・・必ずあるのが
「美津子さん。ご結婚なさったんですってね、おめでとうございます」

え!!!!![あせあせ(飛び散る汗)]

というメッセージ入り年賀状[もうやだ~(悲しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)][たらーっ(汗)]・・・・・・[わーい(嬉しい顔)]苦笑してしまう。

わたし。。。特に何もしていないけれど。。。いちお~流行の「婚活中」(ただし、結婚願望がぜんぜん無いんだな、これが。。。
ただ、おひとり様慣れがヤバイほど身に付いてきたので、そのへんダケなんとかしようか・・と。。。ふむふむ)の私としては
前書きが長くなったケド
間違った噂で、狭き門をさらに狭く
重い鉄の扉で閉ざさないように[あせあせ(飛び散る汗)]

「わたし。。。独身ままですっ[あせあせ(飛び散る汗)]

松納めのころに(笑) [mail to]メールする

[猫]〇△さんから、賢ちゃんママ、去年再婚したと聞いたの[手(パー)]あら、間違いなの???」

「うん[犬][バッド(下向き矢印)]ってか、 〇△さんには、わたし、もう二年以上会ってないな。。。。」

なぜだ・・・・・????????
なぜ、そんな噂が立つ??
なぜ、本人に確かめない??

そりゃ これが本当なら、きっとめでたいと言えば
め。。。めでたい話しだけれど
これ、間違いとなると[バッド(下向き矢印)]
そして
ちょっと前に消しちゃったけど
・・・読んだかたは読んだと思う(笑)記事にあったように(じゃあ消すんじゃないよ(笑))

いや、再婚したのは別れた夫の方で

ちょっとビターなお話しになるわけで(笑)
(そんな、別れた夫も、この前亡くなってしまったから
私の中ではもうすべて 終わり、赦し のおだやかな心情ですが)


さてさて


わたしも、婚活中とか「言うだけ言っとく」のも、もう今年の9月28日までにしようっと(誕生日の前日までが勝負さ[ダッシュ(走り出すさま)]って、何もしないけど)


ずッと前は
すごく大きく感じた歳の差10歳
今、39歳と49歳になって
あんま、違和感ないじゃん[手(チョキ)]
行けるんじゃない?[手(グー)]

テレビに向かって話す私に、
末期症状を見た[もうやだ~(悲しい顔)]という目の優香でした。
ちなみに
スマスマ見ながら、キムタク39歳に話し掛けてた私49歳。




札幌の桜が咲いていた。。 [他愛のないまったりとした話]

退院して周りを見ると
私が入院した時はまだ蕾も固く
今年は遅い開花だった桜が
もう終わり頃

あらあら
いつの間に(=_=)


人さまにお見せするものではないのですが
と言いつつ
見せる私
CIMG5678.JPG

胆石です。
一番大きいもので4ミリ程度
ほとんどが1ミリほどで
ガラス瓶にくっついております通り
計8個

こんなに小さくて少ないのも珍しい。。。。と、病室のお掃除に来たおばさん(私より若いと思うけど・笑)が感心?していました。

小さい石の方が動くので、悪さをするそうです。
あの、超[どんっ(衝撃)]痛かった胆石発作の原因が
こんなチビちゃんとは[あせあせ(飛び散る汗)]

というわけで
無事に退院して
ピアノのレッスンも再開
今日も私は元気です[グッド(上向き矢印)]
賢治は、相変わらず
「ただいま~賢治。お母さん退院したよ[グッド(上向き矢印)]
と言っても
お気に入りのヘルパーさんへと視線は[目] ロックオン[exclamation×2]
母には目もくれない という成長ぶりです(笑)
もうすぐ21歳だものね[わーい(嬉しい顔)]


結局はね(笑) [他愛のないまったりとした話]

昨日は優香のコンサートの日でした

授業と

そしてリハーサルの忙しさから

連絡が全然取れないままコンサートの日が終わり

「頑張ってね」の一言も言えなかったのが残念

まっ 優香のスケジュールに合わせていたら

私はロンドンに住みこまなくてはならないので(笑)

仕方がない 仕方がない 

 

結局やっぱり 私は 母親なんだな

と思います。

同時にみんなの幸せがあっても良いのはわかるけれど

やっぱり何よりも優香の幸せ、賢治の幸せ

これが私の 上から二つの幸せ

三つめ以降から自分の夢を描こうか

忙しい中を母とデートしてくれてありがとう 優香

ロンドンのナショナルギャラリー前にて(10分くらい絵を見ました) また今度行こうね

ナショナルギャラリー前.jpg

夜。。。ちょっと怖いアングル(笑)

私が「ウェストミンスター寺院!!!」と騒いでいたので

ここがそうだよ

連れてきてもらったものの

何か違う??

帰国後調べたところ、セントポール大聖堂でした(笑)

夜のウェストミンスター寺院.jpg

まっいいか

夜は特に、写真に変なものが混じり込むので怖い~

ちなみに優香が教会で歌うと

いっぱい霊ちゃんが聴きに集まって来るので

オーブだらけの写真が撮れます(オーブ=写り込む小さな水滴のような光球。オーブ現象、玉響(たまゆら)とも)

みんな歌好きの良い子ちゃんなのね。だから まっいいかって感じです

4月にはまたオペラシーンあります。

6月には卒業リサイタルあります。

そして7月にいよいよ卒業です。

9月は

3年ぶり、賢治のNHKギャラリー展示が決定しました[るんるん]

 

結局 母親の仕事は充分過ぎるほど

[ぴかぴか(新しい)]幸せ[ぴかぴか(新しい)] なのだo(^▽^)o

 

 


前の30件 | - 他愛のないまったりとした話 ブログトップ