So-net無料ブログ作成
検索選択
イギリス留学 ブログトップ

優香23歳の誕生日 その1  この一、二ヶ月 [イギリス留学]

先日
卒業式の様子をお届けしました
昨年既に取得していたというこの証書も今回[カメラ]
Singing Teacher.jpg

Singing Teacher[るんるん]うたのせんせい[るんるん]
全然関係ないのに 私のピアノ室に飾ろうっと。。。と思っている私(疑惑の(笑)ピアノ教師 ミツコ)


こちらは卒業式の少し前
ロンドン在住の日本人のかたが
ロイヤルアスコットのレディスディにお誘いくださって
Ascot Ladies' Day 2011-4.jpg


エリザベス女王が間近
Ascot Ladies' Day 2011-3.jpg


Ascot Ladies' Day 2011-6.jpg


ドレスコードがかなり厳しく おぅ!! さすが ろいやる

Ascot Ladies' Day 2011-1.jpg


王室の方々と同じ階でのお食事はとってもお上品な品々だったそうです[わーい(嬉しい顔)]
Ascot Ladies' Day 2011-2.jpg


卒業祝いということで
こんな機会を与えてくださった
異国の地で優香を応援してくださる日本人の温かいお心に感謝[黒ハート]

卒業式の翌日からの二週間は
暑い暑いイタリアでの二週間の合宿? オペラのサマーセミナー
二段ベッド三つの6人部屋
そして
暑い[晴れ]
毎日のオペラ公演
リンダ in Italy.jpg


Italy2.jpg

でも
楽しかった[手(チョキ)]
自分では、とても通用しないのでは??と思っていた
プッチーニの曲をイタリアで歌い
エンディングの前からスタンディングオーベーションが始まり、多くの拍手を頂いたことに
涙がでるほど感激した[ぴかぴか(新しい)]と言う優香です


代官山の展示&セレモニーでのスピーチ&歌 は前の記事でご紹介しました通り[るんるん]
東京でもまた
優香を応援してくださる温かいお気持ちのかたから頂いた機会で
バチカン市国の大使様のお別れ会で歌わせて頂いたり
また
遅ればせながら東京入りした私が
白百合女子大のチャペルで"ピエ イエズ"を歌う優香を見られたのは[ぴかぴか(新しい)]すごく幸せ[ぴかぴか(新しい)]
心が[ぴかぴか(新しい)]浄化[ぴかぴか(新しい)]されるような思いでした

私の父と私と東京で合流した優香
『浅草雷門』前 [手(チョキ)]にほんじん~[手(チョキ)]
雷門前.jpg





優香の卒業式 [イギリス留学]

2011年6月30日
優香 Royal Academy of Music 卒業

優香卒業1.jpg



優香卒業2.jpg


親としては当然の義務なのでしょうが
子の教育の修了までを見守る
これ
こんなダメダメの私ですが
なんとか責任を果たせた??と言うか ここまで来れました~~
自分で思っていた以上の安堵感

たくさんの
支えてくださった皆さん
そして
優香
[かわいい][ぴかぴか(新しい)]ありがとう[ぴかぴか(新しい)][かわいい]

子に「ありがとう」と言うのは変と思われるでしょうが
私にとっては
本当に 「優香、ありがとうネ」 なのです

卒業式は大学の向いにある教会で行われました
友人が撮ってくれた動画が届きました
イギリスって感じ・・・・イギリスだもの
それでも、このような卒業式はイギリスでも割と珍しいらしいです

さすが音大
自前? ながら、かなりクオリティの高い生演奏で始まる卒業式




卒業証書の授与
41秒のあたりで
「*#$&""......WA TA」と呼ばれて
証書を受け取ります。まばたき厳禁(笑)


さて
卒業式を終えて 休む間もなく
優香は翌日7月1日
卒業後の補習じゃぁありませんが
声楽科の皆と、イタリアでのオペラコース受講へと飛びました[飛行機]

忙しいけど 体を大事にしながら 楽しんで学んでね~
                        母より

共通テーマ:音楽

ロンドンの生活 [イギリス留学]

大学生活もあと二カ月ちょっと

ビザの問題はやはり厳しく

基本的には外国人労働者を歓迎していない法律

いくつもの条件をクリアして

それでこの地で働けるのかどうか

もう案じても仕方がないこと

優香が働くべき地で道は拓けていくだろう

 そんな心情の中

優香はご飯を食べる時間もないほど忙しい毎日を送っていました

 

二回目のオペラシーン公演があり (画像は後日に)

これは日本の震災支援チャリティーコンサートひとつ目

セントメアリーチャリティーコンサート.jpg

これは二つ目のチャリティーコンサート

鶴亀チャリティーコンサート.jpg

ファイナルコンサート用に私が作ったドレスはこの日デビューしました

イギリスの電圧は日本の二倍

慎重にしていたつもりが、やっぱり[ふらふら][ふらふら] やっちゃった私

アイロン掛け・・・・

オーガンジーが『ジュッ』と溶けました[もうやだ~(悲しい顔)]

 急遽

溶けた部分をカットしてスリットに

そして 手縫い~手縫い~

♪ かぁさんが~ 夜なべ~をしてぇ~ ♪

 ふぅ~

 

 私は

3月のはじめに胆石発作

来月は入院と手術です

 

 母と娘

なんだか疲れてはおりますが

それでも動きを止めない

いつもバカ話しと笑顔で暮らしているのが

わたしたち らしい

 胆石の痛みなんて、ちらしてロンドンにも行くし

鶴亀チャリティー後.jpg

 チャリティーコンサートで優香がスピーチした内容

特に

「千と千尋の神隠し」の曲『いつもなんどでも』の中から

~粉々に砕かれた 鏡の上にも 新しい景色が映される~

この歌詞の部分

このたびの地震で被災された方々に

どうか希望を持って生きてほしいと願いを込めていたのが印象的でした。

チャリティーコンサートはこれからも続けて行くそうです


生きるもの [イギリス留学]

前のブログに優香の歌をアップした数時間後

「今年の卒業生にまでは、

        就労ビザを与える」

と学校側からのメールがあったと優香からの連絡が入りました

彼女の安堵の涙と笑顔がまざった表情が見えるような思いでした。

昨年の秋からこの日まで半年間

本当に色々な事がありました

いつも人生の過程を歩んでいるのだと

互いに自分たちを保ち歩んできた道はもう20年を超えますが

この半年の意味は深かったように感じます。

 

この地震災害で

今、自分に出来る事、自分がすべき事が話題になっています。

 

日本人の自分(優香)が

母国、日本が大変な時に異国にいて

何ができるか?何をすべきなのか?

それを考えた時

 

色々な苦難がこの世にはたくさんあるけれど

今、自分がすべき事は

今、だけではなくずっと続けるべき事

それぞれ己の命への感謝と

生きているものとしての原点、使命

己の将来をしっかりと見据えること

それに向かう弛まぬ努力

自分はそれを忘れずにいながら

人の中で命を営んでいく人生だから

優しさ 思いやり 感謝をいつも心に置いて

生きる

 

そんな事を話していた優香です。 

 

いち母親の私からは

娘の将来の可能性を拓いてくれたすべてに

「ありがとうございます」

そう感謝しながら

彼女の意志を学び真似たいと思いました。


そして試練はまたやってきた [イギリス留学]

英国ロイヤルアカデミーオブミュージック 

大学入学時に

ここを卒業した生徒には自動的に二年間の労働ビザを与えます

と約束していた政府。

卒業を4ヶ月後に控えて

この四月からの新しい法律で

卒業してもビザは全く与えられないと

・・・・・決めるらしい

四月の施行を待たなければわからないと言う大学側

ヨーロッパ連合(European Union) 外の留学生は

現地で具体的な就職活動ができなくなりました。

あちらでの履歴書にあたるものを作り

就職活動をしていました。

あとはビザの欄に OK と記入するだけだったのに。。。。。。。

 

エージェントがわざわざ この外国人のために

ワーキングビザを与えようとするか??

それなら、そんなビザの問題のないヨーロッパ連合国(EU)の人を雇った方が簡単、経済的。

 

この子には

ワーキングビザをなんとか政府に認めさせて、

お金を払っても価値がある

と 認めてもらうところから始めなければなりません。

 

やっと夢の入口がそこまで近づいてきたと思えたら

こんなことが来るなんて   

残酷だな。。。。。。。。。。。。。。。

唖然として 

優香とふたり

声を失いました

でも

頑張るしかないさ

何とかなる   なんとかなる。

 


優香オペラシーン [イギリス留学]

強行スケジュールで再びロンドンへ行っておりました私。

優香がイギリスへ行って6年目
やっと
やっと
[ぴかぴか(新しい)]念願叶いました[ぴかぴか(新しい)]
はじめて優香がこの地で頑張っている姿を母の目で[目]観ました[るんるん]

ロイヤルアカデミィーオブミュージック
ここの大学院生がメインの公演
「オペラシーン」
大学4年生の優香も参加させてもらいました
1月20日 21日の二日間の公演でした

以前にもブログ記事に書きましたが
優香は「フィガロの結婚」の中で、バルバリーナという
使用人の女の子の役を演じました

オートフォーカスなのでコンダクターのかたにフォーカスが合ってしまい。。。。[映画]
でも歌は聞けます。
いかにもデジタル音になっちゃってるのが少し残念です

こちらの画像がこの演目のはじまり
バルバリーナちゃんのアリアからです
ピンを探しながら ♪ 無くしてしまったの~ ど~しよ~ 見つからない~ 叱られる~
と歌っています
フィガロ役が迫真の演技で
マジに髪の毛引っ張るから
毎回、練習でビビってた。。。[たらーっ(汗)](笑)と言っていました。




レチタティーヴォ
落語のアレみたいな
「ところではっつぁんよ」
「なんだいね」
みたいな感じの。。。。。。これでいいのか(-"-)母



フィナーレです。
すごく良かったです
やっぱりナマ音は良いです
マイク無しでビビーーンとくるのがやっぱりオペラですねぇ~




さて、私は例のごとく(笑) 時差ボケのない体ゆえ
深夜に帰国して
翌日の朝には[手(チョキ)]シャキーン[手(チョキ)]夜まで[るんるん][るんるん]仕事して
そして今、午前1時過ぎ。
賢治はぐっすり寝ています。今夜は大好きな若い女性ヘルパーさんだからだな(笑)
だから[わーい(嬉しい顔)]深夜に母は画像編集とアップロードなんて事して[犬]


[かわいい][かわいい][かわいい]
賢治を看てくださる方々のおかげで
長年の夢が叶いました[ぴかぴか(新しい)]
でも欲の深い私は(笑)
 まだまだ 
まだまだ 
これから[グッド(上向き矢印)]

一生懸命働いて
旅費貯めて
賢治の生活を安定させて
そして
こーして優香の舞台を
これからもどんどん観に行きます[手(チョキ)]

どちらの優香がお好み?(笑) [イギリス留学]

日本では『職活』って言うヤツですね。
優香の場合は写真と歌のレコーディングが重要
[カメラ]

優香2.jpg

優香1.jpg

ほんの数秒でこんなに印象が違う表情の写真になるって
女ってぇ~のは色々な顔を持つのよ[キスマーク]ふふふっっ
って ナニモノ??私

一般ウケしそうなはじめの画像をブログ覧、左の優香紹介に使いました。
私の好みとしては
「どや?」みたいに挑んでくる二つ目の優香の画像が好きです(笑)

ロンドンでの就活はどれだけ大変なのか?私には想像がつきません。
ロイヤルアカデミーを卒業すると、自動的に二年間は就労ビザを与えられるようです(不確かです。1年かもしれません)
ビザの獲得の難しい日本人が
異国イギリスでどれだけ頑張れるか!?
コネも口利きも何もない 
[ぴかぴか(新しい)]自分[ぴかぴか(新しい)]ひとつで勝負だぁぁぁぁぁ~


頑張れ

Barbara Bonneyのプライベートレッスン [イギリス留学]

2010-11バーバラの個人レッスン.jpg
2010年11月10日
Barbara Bonneyが大学でマスタークラスを開きました。
そのマスタークラスの前に
幸運にも彼女からプライベートレッスンを受けた優香

全部英文です(-"-)、私は読めまっしぇん。彼女の若いころからの画像をお楽しみください(笑)
http://www.bach-cantatas.com/Bio/Bonney-Barbara.htm

リリックソプラノの優香
彼女から学んだ事はとても大きかった[ぴかぴか(新しい)]嬉しかった[るんるん]すごかった[グッド(上向き矢印)]
興奮ぎみで語っておりました。

[手(グー)]決断[手(グー)]って私には[あせあせ(飛び散る汗)]大変です。
大変じゃないかたもいらっしゃるのかもしれませんが
ヘタレな私には
過去、大変[あせあせ(飛び散る汗)]だったし、今も大変です。
でも、こうして優香がこの地で得られる学びのチャンスを[るんるん]喜んでいる[るんるん]姿を見ると
行かせて良かった[ぴかぴか(新しい)]と思います。
また逆に
何かトラブルがあると
私は自分の娘になぜそんな険しい道を[もうやだ~(悲しい顔)]と思います。

我が子が
自ら望んで歩んでいるんだ と客観視できるほど子離れ出来ない私が

人生の過程の
ひとつひとつの結果は
ただ後に付いて来るだけ

そう肝を据えて思えるようになるのに、私はあと何年かかる事やら(笑)
母の成長に
乞うご期待[パンチ]って感じですね(^_^;)




RAM マスタークラス その2 [イギリス留学]

その2です

この曲はとても古い曲でエリザベス一世の時代の曲・・・・
と言われてもピン[ひらめき]と来ないのですが

兵士が酒場でお酒を飲みながら語っている歌で
途中で[ビール]ひっく[バー]と酔っぱらうのまで入っていて
もともと男性が歌う歌なのですが
女性の優香が歌うとまた[バー]これもおもしろいと思いました
いずれにしても
こーいうレッスンが受けられるって
幸せね[揺れるハート]



共通テーマ:音楽

RAMでのマスタークラス [イギリス留学]

ギター&ボイスのマスタークラス(公開レッスン)
有名なMr.Robert Tearによる指導
彼の指導を受けられるなんて[exclamation×2]
マスタークラスに選んで頂けるなんて[るんるん][るんるん]
とても光栄[ぴかぴか(新しい)]&ラッキー[ぴかぴか(新しい)]



画像が長いので まず少しだけ載せました
他にもおもしろいのがあるので後日に

さて
こんな感じで大学3年生となりまして
今年は日本でいう『教職過程』の単位も取ることにしたり
来年の忙しさを見越して
今年取れる単位は少しでも多く取ろう
と優香は決めたそうで
日本食レストラン「こころ」でのショーのアルバイトは
昨日10月27日を最後に辞めました。

これからもコンサート等でロンドンで歌う機会はありますので
ロンドン旅行の際は[飛行機] って[あせあせ(飛び散る汗)]
そーいう私・・・・・優香の母親ながら彼女がイギリスへ行ってから今までもう4年以上が経つというのに
彼女の歌う姿を一度も見に行っていない [もうやだ~(悲しい顔)]非情[ふらふら]な母でして

優香のステージを観に行く[手(グー)][飛行機][ぴかぴか(新しい)]
これが私の[揺れるハート]夢でございます。
賢治の健康と生活が安定してきたら
きっと[飛行機]行けるわ[ぴかぴか(新しい)]
賢治も
優香も
ホント がんばってるなぁ~[かわいい]
よっし[手(チョキ)]私もがんばらなくちゃ[グッド(上向き矢印)]

さてさてっと さっそく [イギリス留学]

ラジオ放送ながらPCで見て聴きました

時代は進んだ・・・(笑)

時代は進んだが・・・私の技術は何も進まず[あせあせ(飛び散る汗)]
PC画面をデジカメで録画したという
お粗末なものですが
優香本人が聴きたい!!というので(笑)さっそくUPします

その1


その2(質問箱)


2009夏 美津子と優香2.jpg
コメント(2) 

優香 ラジオでロンドンを語ります [イギリス留学]

[手(パー)]情報追加しました[手(パー)]

[るんるん]9月5日(土)の夕方 5:08~5:20 
NHK地球ラジオ にて
優香がロンドンの舞台芸術などについて、現地レポーターで語ります。
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/index.html

↑ このPCの番組ホームページより ラジオを生で聞くことが出来るそうです。 現地ロンドンでリアルタイムで優香は話します。
ここのページの9月5日(土)の放送予定で

http://www.nhk.or.jp/gr/qa/index.html#top

「どんな舞台芸術がありますか?
日本では能狂言、歌舞伎のように伝統的な舞台芸術があります。皆さんがお住まいの国や地域では演劇、オペラ、ダンス、ミュージカルなど、どんな舞台で行われる芸術がありますか。」

たぶん
この部分を優香が話すのだと思います。

土曜日の夕方
何かとお忙しい時間と思いますが
お暇がありましたら聴いてください。

コメント(6) 

優香のアルバイト [イギリス留学]

yuka80.jpg

えー世界的に経済状況が悪化の今日[あせあせ(飛び散る汗)]ですが
ロンドンで生活する優香も頑張っております[手(チョキ)]
大学内でのアルバイトに加えて
5月から[ぴかぴか(新しい)]日本食レストラン[レストラン]で歌う仕事を得て[手(グー)][ぴかぴか(新しい)]頑張っております

日本食レストラン「COCORO」


週に1~2回のショーだそうで
上 ↑ の写真入りチラシがロンドンのどこかで配られているそーです

自分の歌[カラオケ]を通して
お客様と直に接することは
歌を学ぶ優香にとって
とても大きな学びの機会だそうです
学びの場とは言え
お金を頂いていますから[あせあせ(飛び散る汗)]そこに甘えは通用しません
お店の方からの的確なご指摘を頂いたり
聴いてくださるお客様の[揺れるハート]心の様子[揺れるハート]を感じながら
自分の歌と技術を[ぴかぴか(新しい)]磨く[ぴかぴか(新しい)]優香

[手(パー)]頑張れ~[手(パー)]


ロンドンへご旅行の際は(ステージスケジュールをご確認の上[わーい(嬉しい顔)])ぜひお立ち寄りください<(_ _)>

ちなみに優香は7月8月は夏の休暇で日本に帰国しております。

コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

千歳空港発 → ヒースロー行き [イギリス留学]

もう、何度目の渡英か忘れました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
優香は
またロンドンへと発ち[飛行機]ました。

毎回思うのは
なぜ?? 千歳空港発の便がないの??????[ふらふら]

早朝便(7:50発)[飛行機]で成田へ行き
成田で時間をつぶし[ファーストフード]、お昼発の便に乗り換えて[飛行機]
お昼頃に 早朝に発った千歳上空[晴れ]を通ってイギリス[サッカー]へ向かう、
約12時間[モータースポーツ]の旅。

この
日本→イギリス12時間
のフライトのために
[雪]雪深い[雪] ほっかぃどぉー の住民は
早朝便[飛行機]に乗るために、
冬は前日に家を出発して[バス][三日月]
千歳空港内のホテル[ホテル]に宿泊するのです。。。。。。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

[ぴかぴか(新しい)]頑張れ北海道[exclamation×2]
[ぴかぴか(新しい)]頑張れ千歳空港[exclamation×2]

さて

行っちゃいました

千歳激コミ.jpg
早朝なのになのに こんなにこんでいました。
  赤いトランク持ってるのが優香です

チェックインに時間がかかって、あれよあれよ、あらあらあらあら~
人の波に流されて
あっというまに離陸
行った・・・.jpg

[かわいい][かわいい]いってらっしゃぁぁぁぁぁい[かわいい][かわいい]


昨日撮りました
[カラオケ]♪人に 聞かれりゃぁ おまえのこーーとを~   歳っのぉ~はなれったぁ~ いもぉ~とぉぉぉ[カラオケ]と歌うと皆が笑う[もうやだ~(悲しい顔)] ・・・歌うのかぃ(-_-;)

2009-1美津子優香.jpg

2009-1優香美津子.jpg

学生のうちは
こうして、年に二回
日本に帰ってきてくれるので嬉しいです[揺れるハート]
多分優香はあちらで仕事をすると思うので
こんな休暇を過ごせるのもあと何回なのかしら??

半年後
[晴れ][リゾート]
また会えるのを楽しみにしている 歳の離れた姉(;一_一) いえ。。。母でした。

そのころ賢治は
高校を卒業して
[ぴかぴか(新しい)]社会人[ぴかぴか(新しい)]なのよっ[手(チョキ)]







コメント(2) 

ヘンゼルとグレーテル [イギリス留学]

ふたたび
ロンドンでのお話

大学院のオペラコースからエキストラに誘っていただいて
ヘンゼルとグレーテルの天使ちゃんをやりました

へんぐれ天使.jpg
左: 優香  右:同じくエキストラの中国人留学生
ふたりの後方に映っている場面の画像を大きくしました↓

へんぐれ.jpg

一番右端で仮面つけて金髪のカツラをつけて、ヒザを立てているのが優香です  っっってぇ わからないですよね[あせあせ(飛び散る汗)]

リハーサルの参加
オーケストラとの合わせ
などなど
とても勉強になったそうです。

優香の貴重な体験はこれからもこぅして重ねられて行くのでしょうね。
幸せなことです[ぴかぴか(新しい)]


コメント(2) 

優香 ロンドンの教会にて [イギリス留学]

[かわいい][かわいい][かわいい][かわいい][かわいい][かわいい]
  賢治の体調が落ち着かないまま 1か月以上が経ってしまい
  優香が帰って来てからも それは続いたままで[病院][病院][病院][病院]
ああ[病院]通い[たらーっ(汗)]

・・・・それでも
旅行行ったり、成人の写真撮ったり、モツ鍋食べに行ったり(笑)
なんだかんだ[あせあせ(飛び散る汗)]この母と姉はたくましく[たらーっ(汗)]
ほぼ全スケジュールを徹夜明けながらもきっちりこなしてきている[手(グー)]ってところが
太い
私は身も心も ふとい[たらーっ(汗)]

賢治。。。。痩せました
もともと少し体重を減らしたかったので[病院]の先生も
「まっ 良かったんじゃないですか」[わーい(嬉しい顔)]

お薬は効いてるのか??ん~???
悪化はしていないけれど
あんまり良くもなっていない。。。。ん~~??
昨夜は泣き叫ぶことなく わりと静かな徹夜だったので
少しは良いのかしら????
ん~~~??????

昨日から冬休みに入りました。
さて[手(グー)]気合い入れて賢治の体調を治しマス[exclamation×2]

と思っていたら
優香はあと数日でまたまた渡英です[飛行機]

あちゃらでの出来事報告を全然せぬまま
こんなに日が経っていました

今回の帰国直前
11月29日 ロンドンの教会でチャリティーコンサートに出ました
ピアニストさんから声をかけてもらって
[ぴかぴか(新しい)]初めて[ぴかぴか(新しい)]ロンドンで 学校外の一般の皆様に歌を聞いていただく機会を持たせてもらいました[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]
ピアノと[るんるん]
パイプオルガンと[るんるん]
そして ピアノ&フルート&歌 のトリオ
全7曲 歌いました

[揺れるハート]歌えること
[揺れるハート]それを誰かに聞いてもらえること
[揺れるハート]そして歌を喜んでいただけること
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]しあわせ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
です
 

写真左から
オルガニストさんピアニストさんシンガーの優香フローティストさん。
全員ロイヤルアカデミーオブミュージックの卒業生、在学生です
2008 29thNovember.jpg

とても[揺れるハート]あたたかな[揺れるハート]アットホームな雰囲気のコンサートだったそうです。
コンサート終には優香の楽しみ(笑)の [レストラン]食事をみんなで食べて談笑
そんな[ぴかぴか(新しい)]チャリティー[クリスマス]クリスマス[クリスマス]コンサート[ぴかぴか(新しい)]

身長190センチを超えるふたりの間にいると168センチの優香がとても小柄に見えます
コンサート後.jpg

ちなみに
このコンサートの主催者さんが
「ゆうか、スタイルを保つために食事の制限も大切かもしれないけれど、健康のためにも、しっかり食べなくちゃダメよ」とおっしゃってくださったそうなのですが
[手(パー)]おかわり[ファーストフード]
もう一杯[手(パー)][バー]
パクパク食べる優香の姿を見て
[あせあせ(飛び散る汗)]大笑いしていたそうです。。。。。
[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]慎ましやかなれ 日本人[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]








コメント(0) 

動画だよ♪ [イギリス留学]

[映画]youtubeの動画です[映画]

『Football Fantastico 3 (RAM)』

http://jp.youtube.com/watch?v=pwpxcRqSaeQ
             
             クリック
             お時間のあるかた[手(チョキ)]
        [るんるん]お楽しみください[るんるん]

(RAM)は私の友人らむちゃん ではなくて(笑)
Royal Academy of Music の略です

みんな音楽を学ぶ学生たちで
決して サッカー留学[サッカー]ではありません(笑)

以前ブログに載せた優香の大学内の画像
                  ↓
11122713.jpg
                                                   ↑
                                               この階段とか (笑)

11120671.jpg
         ↑
このあたりのレッスン室 などが出てきます。

ちなみに出演者もパーティの画像で見かけた人たちが[わーい(嬉しい顔)]

大学内と大学隣のStudent houseが舞台? で 
ちゃんと オチ[猫]まであります

ちなみに
          ↑ レッスンルームは
いつも ほとんどふさがっているので
この撮影のために
練習途中でも融通の利く人は中へ入れさせてもらって
その他は 空くまで待って[あせあせ(飛び散る汗)]

この数分の動画を撮るのに
約1週間かかったそうですよ[あせあせ(飛び散る汗)]

こーいう若さ[かわいい]いいな~[グッド(上向き矢印)][るんるん]







コメント(2) 

役得か(^_^)v ご褒美か(@^^)/ [イギリス留学]

えー[かわいい]優香の話しです

2008_09200142.JPG

優香は自分の授業がない時間に
あちらでstewarding(スチュワーディング)と言われる学内でのアルバイトをしています。
学内で行われるコンサートやセミナーなどの準備や運営スタッフ、雑用係りの仕事です。

まず自分の時間割を見て
空いている時間のほとんどに[メモ]ばーーっと仕事申込のチェックを入れて[手(チョキ)]
あとは実際にその仕事が入るかどうかは大学の事務局次第
「〇日の〇時からのstewarding依頼」の紙が優香のボックスに入っていたり[mail to]電話が来る[phone to]仕組みです。
昨年度 優香は
授業と練習時間以外は ほとんどstewardingを入れていたため
事務局も仕事慣れしている優香を優先してくれてか
たくさん仕事をもらっていました。

               [ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]
ロイヤルアカデミーオブミュージックの学生間で
「〇ちゃんのこと知ってる?」みたいな、よくある場面で
「あの えりか ころん って日本人知ってる?」←(英語です)
と えりかさんの名が出てきたときは必ず皆
「ああ!  エリカ コロン[グッド(上向き矢印)] あの綺麗[ぴかぴか(新しい)]な人ね 」と返ってくるのを優香は聞いています
でも
えりかさんが優香の名を聞いたときは
「ああ!  ユウカ ワタナベ[グッド(上向き矢印)]あの いっつもstewardingしている子ね[手(グー)]
と返ってくるらしく[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
まぁ実際そうなんですが[たらーっ(汗)] ・・・・苦笑[わーい(嬉しい顔)]
優香いわく「この差は何~~~[もうやだ~(悲しい顔)](笑)」

ゆうか  と  えりかさん 
えりか&ゆうか.jpg

今年度も授業スケジュールがある程度見えてきたので
優香はまたstewarding[exclamation]stewarding[exclamation×2][ダッシュ(走り出すさま)](笑)

で、タイトルの「役得かご褒美か」の話しに入ります[わーい(嬉しい顔)]

先日のstewardingが なんと世界的なテノール歌手&指揮者の
ホセ・クーラ氏による マスタークラスの公開レッスンだったそうです

ホセ・クーラ jose cura [exclamation×2]
http://www.jcura-connexion.com/index_jp/jose_cura_jp.htm

ロイヤルアカデミーオブミュージックの学生対象レッスンですが一般の方々も見に来るので
stewardingのお仕事はプログラム配りから会場整備、雑用などなど。

優香は
[exclamation]ここここここここここここ[exclamation×2] これ 聴きたい[exclamation] 受けたい[exclamation×2]
幸いなことに[揺れるハート]仕事のパートナーに恵まれて
優香はほとんど仕事をパートナーに任せて(日本語のブログだから学校にはバレないでしょう[あせあせ(飛び散る汗)])
彼の講座を聞けたそうです[手(チョキ)]
んもぉぉぉぉぉううううう!!![グッド(上向き矢印)]の底から感動が湧き上がって[exclamation×2]、その振動で心が震えるような衝撃[どんっ(衝撃)]をうけるくらい、[ぴかぴか(新しい)]すごかった[exclamation]良かった[exclamation]

[ぴかぴか(新しい)]大感動[ぴかぴか(新しい)]だったそうです

偶然にこのお仕事に入れて[黒ハート]
偶然優しくて親切な人が仕事のパートナーで声楽専攻の優香の気持ちをわかってくれて[黒ハート]
いつも仕事をしている 役得か(^_^)v いつも勉強を頑張っているご褒美か(@^^)/
[るんるん]優香良かったね[るんるん]
今年も
単位と全然関係のない教科なのに
自分の苦手意識と闘いながら ひとり アクティングクラスに参加すると決めたこと
すごい勇気と意欲だと思います
優香にとってアルバイトを頑張るのも
そんな意欲と同じ感覚なのかもしれないけれど
それは ほどほど[かわいい]
体に気をつけて[かわいい]
今だから出来ること[ぴかぴか(新しい)]楽しめること[ぴかぴか(新しい)]
たくさん経験してください。
    母より



さて本日お届けする曲は(笑)
「ラ・ボエーム」より"わが名はミミ"です
この録音はロンドン近郊の高校に通っていた頃のものです
イギリスは高校卒業の概念が無くて
16歳までが義務教育
17歳18歳の二年間でAレベルという大学受験のための国家資格を取ります
優香はそのロンドン近郊の高校「アーツエデュケーショナルスクール」でこのAレベルを取得しました。
その単位の中の「音楽」は、こうして録音したものを国の教育審査機関へ送って
単位取得の合否やランクが決められます。
この録音も公開で、一般の方々を前に行われるものです
優香17歳の時に歌ったアリア  [かわいい]17歳の若い声がカワイイです[かわいい]

「わが名はミミ」 賢治の好きなプッチーニ作曲

コメント(6) 
共通テーマ:音楽

優香♡無事にロンドンへ着きました [イギリス留学]

いつものよーに早朝の千歳空港

午前4時半起きで家を出発すると
かなり
だるい[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]
千歳.jpg

笑顔で出発[手(パー)]
優香出発1.jpg


みゃ~(TT).jpg

行きました。。。。[飛行機]

ロンドンのお天気はあまり良くないそうです。
ここは年中あまりお天気は良くないみたいですけれど[小雨]
そして現地ではちょうど今頃
新年度初日の新授業を受けていることでしょう。

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][るんるん]ピカピカの 大学二年生[るんるん][ぴかぴか(新しい)]  かなり字余り
コメント(2) 

優香の画像整理(-"-) [イギリス留学]

[るんるん]
9月突入
[るんるん]

いよいよ優香も
イギリスへ戻る
イギリスへ行く
イギリスへ帰る

↑ [飛行機]どれかしら?

PC音痴の優香のために
母の私が彼女のカメラの画像保存整理

「写真見たいからプリントしてね~」
現代っ子とは思えない発言をする優香・・・・
いまどきプリントかぃ?(;一_一)

多分ベニス.jpg

多分べニスです
行ってみたいです
すてき
たぶんベニス2.jpg

よーろっぱだぁ.jpg
ヨーロッパなんだなぁ~という感じ

前の日記の続きの画像になります
end of the year パーティの画像です

end of the year2.jpg
これは前にも載せたもの
優香の左にいる金髪のとってもかわいい女の子[リボン]はローレンちゃん[かわいい]
優香の大の仲良しだそうで
ふたりとも [キスマーク]そっち[キスマーク]の傾向は全くありませんが[あせあせ(飛び散る汗)](あえて書かなければ、あちらはありがちなお国がらなので[あせあせ(飛び散る汗)])
いつもこんな感じだそうです。
以下
ローレンと優香の様子をお楽しみください(笑)
ローレンと優香(笑).jpg
ローレンと優香(笑)2.jpg
[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]てな 感じ(笑)



end of the year3.jpg
end of the year4.jpg
学年・専攻にかかわらず みんなとっても仲良しの学生たちです
(左前) ヴァイオリン専攻 イギリス    (その後ろ) フルート専攻 中国     (左から二番目前)ヴァイオリン専攻 中国    (その隣の金髪女性)ローレンちゃん[揺れるハート]チェロ専攻 スコットランド  (その後ろ)マーク兄様 ミュージカルシアター専攻 タイ&ベルギーのハーフ  (真ん中の目をつむった彼) アコーディオン専攻 ポーランド  (その隣の黒髪女性(笑)[るんるん]ニッポン(笑) 優香  声楽専攻[るんるん]   (右端)フルート専攻 アメリカ
[メモ]おぉぉぉぉ多国籍 盛りたくさん~[ペン]


マークお兄ちゃまと.jpg
そうそう大好きなマークお兄さんも卒業してしまって、会える機会がほとんどなくなるとさみしいわね

イケてる彼.jpg
優香のカメラ[カメラ]に いつの間にか こんなイケてる彼が自分で撮ったと思われる画像が入っていました[わーい(嬉しい顔)]

じゃ 〆に
優香が一番気に入っているこの画像で
この日記があればプリントした写真はいらないね(笑)
にこにこにこ.jpg



コメント(12) 

おもしろ画像? (笑) [イギリス留学]

時計のようなお花.jpg
あちらで見つけたお花だそうです。
時刻を示す針があるようで、時計のように見えます[かわいい]
自然はこんな芸術を作り出すのね[ぴかぴか(新しい)]すごい[ぴかぴか(新しい)]

本物のストーンヘンジ.jpg
イギリス 先史時代の遺跡 ストーンヘンジ

[飛行機]札幌に帰って真駒内滝野霊園へお墓参りに行ったら・・・・・あら[どんっ(衝撃)]
ストーンヘンジもどきが[あせあせ(飛び散る汗)]
右後方には も・・モアイが・・・[あせあせ(飛び散る汗)]
(おばぁちゃんと一緒[カメラ])
ストーンヘンジ?.jpg

[飛行機]札幌へ戻ってパン屋さんへいったら・・・・あら[どんっ(衝撃)]
パン1.jpg
って  別にどーでも良いお話なんですが(笑)
優香本人が[わーい(嬉しい顔)]大ウケ[わーい(嬉しい顔)]
店内ではしゃいで[カメラ]撮りました[あせあせ(飛び散る汗)]
「私って 長期低温熟成[グッド(上向き矢印)][位置情報]

お食事2.jpg
いつも優香の帰国を楽しみにしている おじぃちゃん おばぁちゃんとお食事へ行きました[かわいい]

さてさて
この夏の思い出を胸に
来週の土曜は機上の人[飛行機]

ちょっとさみしい私ですが
優香が また一年
[音楽]音楽
[本]お勉強
[るんるん]アルバイト
[ペン][バー][喫茶店][ファーストフード][ビル]学生生活でどんどん自分を大きくしてくれることの方が
私には嬉しい[ぴかぴか(新しい)]のです[るんるん]





コメント(9) 

おめかししたお嬢さんたち(笑) [イギリス留学]

これは優香がコメント欄に書いていた 友達の友達の[揺れるハート]結婚式[ぴかぴか(新しい)]に飛び入り[ハートたち(複数ハート)]出席した時のものです。
一緒に写っているのが優香が実の姉のように愛する[かわいい]えりかさん[かわいい]
つまり、えりかさんのお友達の結婚式 ね[リボン]
えりか&ゆうか.jpg
同じフラットに住み、同じ声楽科[るんるん]
と言ってもえりかさんは大学院入学[ぴかぴか(新しい)]限りなくプロに近い
優香は[猫]ベイビーズ[猫]の一年生。

異国で廻り合った日本人同士(えりかさんはハーフよ[ぴかぴか(新しい)]
神様が出会うべくして出会わせてくれているんですね、[ぴかぴか(新しい)]ひと と ひと[ぴかぴか(新しい)]

さて彼女たちの一年間も昨日が修了の日
夜にはファイナルパーティがあったそうで
ど~だったのかな?

そーして夏の休暇を過ごしに帰国する優香と成田[飛行機]で待ち合わせして 
優香と私[晴れ][リゾート][カバン]遊んできます[手(チョキ)][揺れるハート][かわいい][るんるん]

賢治には内緒ですが(笑)
賢治!これは個展前の景気付けなのよ!?[あせあせ(飛び散る汗)]だよ。。。苦しい言い訳[わーい(嬉しい顔)]


コメント(9) 

イタリアの家庭料理(⌒∈⌒@)ノ [イギリス留学]

くいしんぼうの(そんな可愛いものじゃないけど、わたし・・)リクエストに応えてくれた優しい娘(笑)

1 1日目の晩御飯 生地から作ってくれたピザ

ピザ.jpg

2 最後の朝食 

おいしそうなアレコレ.jpg

~優香の説明文~
お料理上手のサラ(おともだち)のママ
いちっ番最初の食事から、いちっ番最後の食事にいきなりとんでるのは、
写真とる前に食べちゃったからです
あぁとればよかったなぁと気がつくのは3回目のおかわりのあと。
     すっかり食べる=優香
彼らの中では結びついています(正)

大学に入ってから特に、勉強が辛いと思ったことは一度もありません[るんるん]!学べるってこの上ない幸せです[揺れるハート]
そして学生って恵まれすぎるほど恵まれてるって思ってます[黒ハート][かわいい][ぴかぴか(新しい)]
              優香

コメント(5) 

優香”ヨーロッパの風”画像(追加しました) [イギリス留学]

   文頭から追記(朝起きると画像送信を覚えた優香からたくさん届いていたので昨日の日記に追加しました)

はじめて(笑)
優香から画像が送られてきました

優香はこどもの頃からテレビゲームに全く興味がなく
PCにも興味はなく、、、
今も携帯は使いこなすものの、メールチェックとエッセー(日本で言うレポート、小論ですね)を打つ以外にPCに向かう時間も気持ちもあまり無くて
イマドキの子?ではないです(笑)
画像の取り込み方法はおとなりの部屋のerikaさんに教えてもらって
はじめの二枚を送ったそうです
(日本とベルギーのハーフのerikaさんは超美人[揺れるハート]今回の画像にはいないのが残念[あせあせ(飛び散る汗)]


ボートパーティ2008hp.jpg
優香の通う大学『Royal Academy of Music』主催のボートパーティ だそうです。
これは多分テムズ川  後ろは多分ロンドン橋・・・です(優香からの説明なし)
大きな船[船]が通るとき、真中から橋が分かれて上に上がる ♪ろ~んどばし おちる おちる おちる ♪ 
あれ[exclamation&amp;question]上がるんじゃなくて下りるのかな[exclamation&amp;question][exclamation&amp;question]
左から:作曲専攻のフランスのかた :声楽専攻の日本のかた(笑)優香です :ヴァイオリン専攻の韓国のかた :パーカッション専攻のどこかヨーロッパのかた(優香・・・忘れてるし・・)
学生さんは二十代中頃から後半のかたが多いようで19歳の優香は若いほうです。
若いと言うと、この大学には 『天才』がいるそうです。
物理学で母国アメリカの大学を9歳で卒業。今はこの大学でピアノと作曲を専攻している15歳!!
こうして世界各国から音楽を学ぶために集まっている学生は皆優秀で、しかもあちらの音楽教育は、音楽大学を目指さなくても、音楽の基本グレードを高校までに取るシステムがあるらしく、
今、日本で言う教養課程にいる優香は、「自分は人の何倍もやらなくてはダメ゛だと感じる・・汗 汗[あせあせ(飛び散る汗)]」と言っています。頑張れ優香!

[演劇]☆ロンドン橋じゃなくってタワーブリッジだという情報が入りました。[あせあせ(飛び散る汗)]
歌まで歌いましたが(笑) これはタワーブリッジです

ボートパーティ2008hp2.jpg
ボートパーティ船内 こちらはフルート専攻のロシアのかた



イタリアにてhp.jpg
これはイースター休暇をイタリアの友だちのお家過ごしたときのものだそうです
ベネツィアに向かうボートの中で撮ったそうです

(高校時代の写真)
11120727.jpg
一番右がそのイタリア人のおともだち
真ん中のイギリス人の子と優香は一緒にロンドンを発って彼女のおうちへ行きました。
彼女は自分の馬で乗馬をしていたそうです。
せ・・・・・・世界って広いなぁ~ 色々な意味で世界は広いなぁ~
北海道に来たら熊に遭えたり、鮭を手づかみで捕まえられたりと思うかもしれないけれど
我が家に来ても特になんにもありませんな・・・・・
サラの馬.jpg
これがおともだちの馬だそうです
優香はこどもの時から馬とか牛が好きな子で 特に仔牛 仔馬が好きで
「この仔牛を連れて帰りたい!」と担任の先生にすがりついたのは、たしか中学生の社会体験実習でのこと(-_-。)おぃおぃ

うまと。。。.jpg
生後三週間のうまと[キスマーク]


多分イタリア・うま.jpg
多分イタリア街中でうまを見つけたのだろう画像


初乗馬.jpg
おともだちの家の馬に乗せてもらって初乗馬!
良いお友達がいて良かったね優香[るんるん]
さて馬三昧?のイタリア
その他は??と思ったら
イタリアのコーヒー.jpg
「イタリアでコーヒー頼むとお水がついてくるんだよ、おもしろいよね」  の画像
せめてスパゲティの画像が欲しかった母[レストラン][レストラン][レストラン][たらーっ(汗)]

さぁて
オーストリア.jpg
どーやって行ったのか経路がわからないのですがこれはオーストリアだそうです

ベニスのゴンドラ.jpg
ベニスでゴンドラに乗って


ベニス.jpg
これもベニス

ベニスからヴェロナへ.jpg

位置関係が全くわからないのですがベニスからヴェロナへ向かう車中で取った夕日


あちらはスチューデェントカードがあると旅費がとても安いのです。
おまけに宿泊はお友達のお家でしたから、それって定山渓温泉一泊なみの旅費じゃないの??という価格でこんなにあちこち行ってきた優香でした。
世界中におともだちがいると・・・・・とセコイ発想をしてしまう母でした。
母はまず町内から出る習慣をつけようっと[手(グー)]
コメント(10) 

☆優香☆大学編 [イギリス留学]

前の日記からのつづき

 

そんな・・・で(笑)
めでたくロイヤルアカデミーオブミュージックの声楽科に入学した優香



↑入学早々
このころ、新しい下宿でトラブルがあって体重が7キロ近く減ってしまった優香
さらに、家庭の問題が解決と言うか・・・終結を迎えて
日本に残してきた私や賢治のことも気になるし
祖父母にかかる負担を申し訳なく思うし
自分がここで大学生活なんてはじめて良いのだろうか?ナドナド
大学の授業は目の覚めるような思いの連続で とても楽しいけれど
さてさて私は本当はどうするべきなのだろうと悩んでいた優香

でも
この大学で出会ったお友達が救ってくれました。
今は下宿(優香は下宿を変えました)も一緒です。

神様が
「あなたは今ここで学ぶべきよ」と出会いを下さったのだと思います。


ロイヤルアカデミーオブミュージック
歴史のある学校です。
壁にさりげなく埋め込まれた木製レリーフからも
奏でる音が聞こえそうで素敵


大学内
レッスンルームが並んでいます。
優香は声楽専攻ですが、ピアノの練習もしなければなりません。
もちろん歌の練習も。
ピアノのある練習室を取るのは大変な競争らしいです。
朝早く行って名前を書き込んで

今、テスト期間中の優香
土、日を含めてピアノは一週間で20時間以上練習したそうです。
こんなときは まさに
「練習室 
獲ったどぉぉ~(取ったぞ)」の気分でしょうね。(笑)

ここは私の大好きな場所
           ピカデリーサーカス
昔 昔 漫画が大好きな少女だった私が『くらもち ふさこ』さんの作品の中で
この場所を見て(笑) ただそれだけの理由なんですが(笑)
長い間「一度は行ってみたい!」と思っていた場所(願いは叶いました)
雑然とした街中の一角ですが
私にはこれがロンドンなんです(*;--

優香は日常的に通る場所です。

このピカデリーサーカスの近くに
「オペラ座の怪人」のシアターがあります。
サラ・ブライトマンが
このロイド・ウェバーの名作を演じて以来
何人のクリスチーヌが誕生したことでしょう
年月を経てもなお、会場には
こどもからお年寄りまで、たくさんのお客さんがあふれるこの劇場
イギリス、ロンドンに根付いているミュージカルの存在(バレエ、オペラ等も然り)
日本ではなかなか感じる機会が少ない芸術への熱い思いを
ここでは日常、身近に感じます。

おっと
すっかりロンドン観光ガイドになってしまいました。

優香はこの街で今日も試験勉強に追われて・・
いえいえ大学生活を有意義に過ごしています!!!!

優香は
「私はまだ何も成していない。」と言います。

私には
19歳の優香の今日までを、なんと形容したら良いのか・・・
「よく頑張っているよ!!」とりあえず(笑)この言葉です。。。


まだ二歳になったばかりの優香が
「不思議の国のアリス」ミュージカル実写版ビデオを食い入るように見て。。。
毎日毎日擦り切れるほど見て。。。

アリスの台詞を全部覚えて。。。
イトーヨーカドーの『ちびっこ広場』の滑り台上で
誰も聞いていないのに、
ずっと台詞を言い続けていた、、ちょっと変わった女の子だった優香が
10歳で市民ミュージカルに出会い
そこから声楽も、バレエも、そして英語も、、、
その先には優香の大好きな『ミュージカル』がありました。

ゲオから借りてきた「オペラ座の怪人」ロンドンキャスト版のCD
これもまた
擦り切れるほど聞いたよね、優香。(と 急に語りかける)
あのCDと同じ台詞をこの劇場で実際に聞いたこの9月。
その台詞は
本当のはじめのはじめ
オークションの場面なのだけれど
その はじめの一言を聞いただけで涙があふれて あふれて
今、
自分がロンドンのシアターにいる幸せと感動を
思い知ったのじゃないかと思います。

何かを『成す』は、
歩む過程にくっついて来る、その時々の結果

ヨーカドーちびっこ広場が活動の舞台!?だった子が
CDの音から現実の音へと近付いて
こうして
ロンドンの音楽大学で学びながら
自分のスキルをアップしている現実は
なんと形容したら良いのか・・・・
「よく頑張っているよ!!」
とりあえず やっぱりこの言葉です。。。(笑)




コメント(9) 

☆優香☆高校二年間 [イギリス留学]

2年3ヶ月前に日本を発ったのが
つい先日のようであり。。。
遠く離れている一日一日は また
とても長く感じる日々であり。。。

当時17歳になったばかりだった優香にとって
きっと
こんなに濃い生活は生まれて初めて(笑)で
そして
濃い一日は今日も続いているのでしょう

若いから
夢があるから

いえいえ、そんな言葉では足りないな
精神的にも、身体的にも、
根性あるなぁ~

これはロンドン近郊の町トリングの芸術系高校『アーツエデュケーショナルスクール トリングパーク』で過ごした二年間のうちのヒトコマ
11120749.jpg ミュージカルシアターコースにいた優香   このピンクの子が優香
毎年ひとつ、大きなミュージカルの公演があります。
それ以外にも小さな発表やコンテストが頻繁にあるようで、このへんが日本の学校とは全然違います。

これは二年目のミュージカル公演「ホット ミカド」 の楽屋にて
ミュージカル俳優を目指す子たちですから
個性豊かな子が集まっているのがわかります。
それにしても
あちらの18歳っておとなっぽいこと・・・・・(--

こんな感じで専攻科のミュージカルシアターコースの授業が、お昼後から夜の7時過ぎまでびっしり

午前中は
大学を受けるための資格『Aレベル』(日本の大検みたいなもの)取得のための授業があります。
イギリスでは『高校卒業』の概念がなくて
17、18歳の二年間が、このAレベルを取得する学年となります。
優香が取った単位のうち一教科が「アート」です。
これは、その授業で作ったたくさんの作品の中のひとつ

優香らしい作品です。
どのくらいの大きさか分かりませんが
左手前の釘を見ると、かなり大きい作品のように思えます。

三人部屋にいた優香。
二年目に、この二人と同室になれたことは優香にとって幸運だったようです。
仲良しのルームメートはそれぞれ国籍も違うし、専攻科も違うし(ひとりはダンスコース、ひとりはドラマコース)そして進んだ道も違うけれど、今も連絡を取りあう友達。

結局優香は、この学校での二年間で「Aレベル」を取得
さらに外国人はIELTS(アイエルツ)という英語検定を受けなくてはならなくて
イギリス滞在、正味一年の時に受けました。
先生からは
IELTSを一回目で取れたら 頭を下げる(絶対に無理よ)と言われていましたが
猛勉強をして
IELTSの 6 だったかな?6.5だったかな?(私はよくわからないのですが)
大学入学に必要な得点をゲットしました。
先生は頭を下げこそしませんが、とても喜んでくれたそうです。
そして
今から1年ちょっと前(高校の二年目が始まってすぐ)
大学入試が始まりました。
先生は(笑)
絶対に無理よ、つぎの一年間を入試準備の時間に費やしなさい と言いましたが
優香には、そんな経済的余裕はありません。
「入試は集中力の持続と根性だ!!」
こんな名言?(笑)をつぶやきながら挑んだ音楽大学の入試。

優香が入学したロイヤルアカデミーオブミュージックの入試は
他の大学と比べ物にならないくらい
凄まじかった・・・らしいです。
「もう二度と ここの入試は受けたくない。。」と他の学生達も言うくらい
学科、学科、実技、実技、実技、これでもかぁ~のあらゆる音楽実技

優香は
「自分がボロボロの雑巾になったようだった」と表現していました(笑)
まぁ、合格できたのですから今となっては良い思い出でしょう。

そうそう
一年間は入試準備に!と言った先生も、高校の先生方みんな、ロイヤルアカデミーへの合格をとても喜んでくれたそうです。(笑)

では次回、大学ライフにつづく



 


コメント(5) 

おととい きのう きょう [イギリス留学]

出発前夜

優香の歌を聴いて喜ぶ賢治

 

「また夏に帰ってくるよ!」の言葉に
こくん とうなずいていました

 

昨夜ホテルで

このままお母さんと
「いゃぁ~千歳旅行(笑)楽しかったね!って家に帰るような気分だわ・・」by優香


あちらへ行ったら行ったで
やることもたくさんあるし
今の自分が居るべき場所はあちらとわかっているのだけど
帰国して
そして いざ!また出発の時は
やっぱり
ちょっと複雑な心境なのだそう。
わかるわかる。。



今朝

お正月の帰省Uターンラッシュでした。
午前7:25
ゲートをくぐって行きました。

「元気でね~(^^)/行ってらっしゃい~」

 

優香を送り出して
私がホテルの部屋に戻ったときの
早朝の千歳空港はこんな感じです

冬の朝は遅いです
ついでに
真駒内へ戻るバスの始発は8:50(--;

私は一時間以上をこの部屋で待ちます
(高速道路の運転が出来ない私は千歳へバスできています。バスは寝れるし真駒内駅に停まるので便利なんです)

なんか・・・この時間を
朝のワイドショーで気を紛らわせようと思ったら
てんびん座の私。星占いは最低の12位で
「今日は焼きそばを食べましょう」でした。。。。。。(--  むむむ

 

留学は、
確かに国内の大学で学ぶのと比べると特殊ではあるけれど
私はこれを特別とは思っていません。
たまたま学びたい事が、学びたいところが、『そこにあったのだ』と考えています。

親元を離れるという意味では
たとえば北海道の子が東京などの大学へ行って離れるのと同じと思います。

昨日
千歳空港内で南米ペルーの郷土品を売っていたペルー人のおばさんと話がはずみました(笑)
彼女は優香に
「良い目をしている。赤ちゃんのように純粋」と言いました。
そして
「若いときはたくさんを見ることが必要。
ここだけ(自分が楽に見られる狭い範囲)見ていちゃダメ。
友達と遊びたい、カラオケしたい、そんなことばかりじゃダメ。それは違う。
だから、留学はとても良い。
たいがいの日本人はとても親切
ヨーロッパの人は自分の事だけ考える人もたくさん
でも日本もそれは同じ

あなたにイヤな事言う人もきっとたくさん出てくると思う。
だけど負けない!気にしない!
大変だけど、あなたは自分に自信を持つことが大事。
たくさんを見てたくさんを知ると、これからたくさんチャンスあるよ」

どういう出会いなのか
優香にとって
とても マト を得た話を、流暢な日本語で一生懸命に話してくれました。
ペルーの『魔よけ&お守り』と言われる赤い木の実で作られたストラップまで頂いちゃいました。
そして

「アディオス!!!」でお別れ。
こんな出会いのひとつひとつが
何かとても楽しくて不思議です。

 

このごろ私が
ヒッキーぎみ?だった約20年を振り返って
「いゃぁ~今思うと、何十年も真面目に『お母さん』してないで
ちょっとはハメはずして好きなことするべきだったかなぁ~」
なんて優香にこぼすと
優香は
「お母さん!一番大事なのは『うしろめたい事がないこと』だよ」
と私を諭します。


誰かに 何かを 言われるから、よりも何よりも 

自分自身
自分の やってきたことに
『うしろめたさ』がないから
自分は堂々と胸を張っていられるし、これからも堂々と生きられる
そんな誇りが生きる強さになる


と優香は言います

優香がこれまで二年半の留学の機会で
現実と向かい合って、努力して、歯を食いしばって、人の見ていない所でたくさん泣いて、崩れそうな自信を自分で必死に保って来れたのは
これなんだな、
と思いました。

誰の目でもない
誰と比べた自分でもない
ただ
自分自身が、自分に恥じないことをするだけ

・・・・・私も過ぎた時間をぼやかないで(笑)
ちゃんと新しい道を進もうっと!!(^^)

 




 




 

 


コメント(7) 

千歳空港から [イギリス留学]

明日の早朝便で発つ優香の前泊で
千歳空港のホテルにいます

最近のホテルはお部屋でネットに接続できるんですね
と言う訳で
本日は千歳からブログの更新

今頃・・賢治は
おじぃちゃんと一緒に眠っている頃。。。。。。ちゃんと寝ているかな??

優香と私は千歳空港内で『北海道の味三昧』を夕食に(笑)
ロイズのポテトチップチョコレートをデザートに(笑)
すっかりどこかの観光客で
千歳の夜を迎えています

さて明日は7:45の便です。
優香の渡英ももう三年目
でも
出発ゲートの中へと入って行く優香を送り出すのは
いつも寂しい・・・
明日はちゃんと笑顔で送りだせるかな?
そろそろ慣れなくちゃ。。。。

では 
おやすみなさい


コメント(2) 
イギリス留学 ブログトップ