So-net無料ブログ作成

11月の賢治 [季節の話]

写真-3.JPG


いつもの年と同じく
秋の声をきいた途端に
賢治は微熱が出たり、風邪症状が。酸素濃度が下がったり。。なんて[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]ヒヤヒヤさせる日が
でも[手(チョキ)]、ヘルパーさんたちによる24時間の介護で
早期に気がつき、早めの治療が功を奏して大事に至らず[手(チョキ)]

やはり
たくさんの人の目があるのは
とてもとても心強いです。

私はこれまでの
賢治の寝息ひとつ
咳やたんのからみにビクビクした長い年月から卒業して
ヘルバーさんたちのおかげで自分のケアが出来るようになりました。
そんな気のゆるみなのか?
半世紀を越えた年齢のせいか??
これまでの疲れが出たのか???
この一年は特に、入院、通院、の多い一年でした。
逆に言うと
私の体の調子が悪くて気持ちが弱った時に
私以外の賢治の介護人が
賢治の周りで、しっかり[手(グー)]介護してくれる体制になっていたのは本当に幸運です。
[手(パー)]私の体も治癒に向かっています。
先日の外来受診で
繰り返していた傷の膿み、腫れの原因がわかり
具体的な治療が出来て、[手(チョキ)]良い方向へ向かっています[グッド(上向き矢印)][わーい(嬉しい顔)]

さてさて
先日は久しぶりに、ヘルパーさんと、40号の絵を描く為の準備をしました。
水張りという作業で、水で濡らした紙を、板に貼付けます。
乾くと、板が下敷きとなったシワのない、ピン! とした画用紙が出来上がるわけです。
こうして、賢治の身体の介護はもちろん
賢治の一番楽しみな作業、絵画制作の準備から作製も
私の手からヘルパーさんへと[ぴかぴか(新しい)]
これもまた、心強いことです。

賢治の自立は
23歳男性のあたりまえの自立となって行くのでしょう[かわいい]
皆さんのおかげです[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]