So-net無料ブログ作成

Kenji ぽくのうた vol.7 : 優香編 [絵画展示]

この絵画展で
BGMの優香の歌への反響も大きく
帰国後のコンサート予定をお尋ねくださる方がとても多かったです。
ごめんなさい、それはまだ決まっていません。
でも
そうですね[るんるん]故郷でのコンサート
実現させますね[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]



ひとりの女性が
「お母さん 賢治さん お姉さん 三人 皆さん大変だったと思います。
でも、私はお姉さんの立場がよくわかります。
私は
お姉さんはとても辛くて、それでも頑張らなければならなくて
そして、すごく頑張っているのに自分ではわからない。
いつも、自分では、まだまだ足りないと焦って
いつも頑張り過ぎているのでは? と思います」
と言ってくださいました。
そのかたはやはり「病気きょうだい児(者)」だそうです
「病気きょうだい児」とは きょうだいに病気の子がいる家庭の 健康なきょうだいのほう

その通りです
優香は二歳で既に 賢治を保護していました
あるときは私の代わりに賢治の母となり
あるときは母の私までも支えています
 今も
札医にて.jpg

久しぶりに この写真を見て
優香が言いました
「私が幼いころを思い出して 一番幸せだった時間が この 病室で三人で過ごした時」

優香
あなたがいなければ
私はこうして歩いて来れなかった
そのことを
私はいつも胸の中で感謝しながら生きています
だから あなたもそろそろ
自分のために 生きてください
自分を評価してあげてください
あなたはそれにふさわしい
努力を重ね
私たちに愛と想いを注ぎ
まぶしい程に
ちゃんと輝いて生きています[かわいい]