So-net無料ブログ作成
検索選択

食欲と怠惰と人生観(笑) [どうでもよい話し]

今日は朝からすごい食欲で(私が)

何食食べたかわからない状態で夕方を迎え

さて、

夜は何を食べようかと考える自分がこわい

そーして

やけに冷え込んだ今日は

洋服の上に

フワフワの少女趣味なピンクのルームガウン(ひらたく言うと寝巻の冬版)を、はおったまま

また、家にこもって、一日を過ごしてしまった(まだ外は明るいがこれ以降も出る気なし)

:::::::::::::::::::::

優香の所にいたとき私がハマったもの

CIMG5274.JPG

6食分のティラミス。大きさをわかりやすくするため、上に優香の名刺を置いた。

なぜ6食分で、6人分ではないかと言うと

私ひとりで食べるから。。。。。

これで£2(2ポンド)。約275円くらい

CIMG5272.JPG

食べてる途中で写真を撮ろうとおもいついたので

箱のおおきさから全体の量を想像してほしい。

チョコミント味のビエネッタ。

甘すぎずおいしい。

これも£2

これを一気に食べると体全部が冷える。。。。。。。

食欲との闘いなんてぇくだらない闘いはどーでも良いとして(確かにどーでもよい)

 

基本形

争いやモメごとが大嫌いな私

特に賢治の病気がはっきりしてから

負(マイナス)のエネルギーを使わないと心に決めてきた

私にとっての負のエネルギーとは

争い、怒り、嫉み などなどネガティブ感情全般

実際、これまで

医療の場や、教育の場や、ちょっとした外出先を含めて

こどもを育てる生活、特に障害のある子を育てて行く過程では

それまで私が職場などの社会で知ったものとは異質の理不尽な問題が多くて

負のエネルギーを抑えるのはかなりのストレスだった

(マイナスエネルギーを抑えて『ストレス』と言うマイナスエネルギーが生まれる。という悪循環に気が付かなかった私。。)

そして

自分の楽しみを抑えることを美徳と自分に擦り込んでいたので

ちょっとした自虐思考が習慣になっていた。

 

このごろ色々な人から

今が転換期

今までしてきた事と逆の事をしてみてごらん

もっと自分に自信を持って

そんな言葉に励まされて

私は負のエネルギーも表に出しはじめた。

それと自分を抑えていた既成概念を取り外して

自分の中でOKと思える範囲で

やりたい事はする。好きなことはする。言いたい事は言う。

・・・・・・・ただ

打たれ弱い。。やたら弱い(笑) わたし。。。弱い(爆笑)

生きる道は鏡の道

放てば自分に返ると感じる私は 正直怖いし。すごく寂しい。

私がOKでも、人に拒絶されるとひどく凹む。

そんな

はじめて社会ってぇものに出た幼稚園児みたいな私は

週末にはその反動(?)なのか食べ続けて(これも一種の食欲の解放か?)

夜には胃痛で薬を飲む

ああぁぁぁぁ(=_=)

 

:::::::::::::::::::

優香が言う

「私はこれまで頑張ったよ。今も頑張ってる!! これ以上出来ないくらい頑張ってる。これからもまだ頑張る!!」

過去、現在、未来

頑張り続けている彼女は「偉いっ!!!」

ただ彼女は疲れている。

今なんて、疲れきっている。

私に言えるのは

「母の私はこれまで、

明けない夜はない、やまない雨はないと言い聞かせて頑張ってきたけれど

私は『夜にいる』と思っていただけ、『雨が降っている』と思っていただけかもしれない。

私はね、今は

雨なんか降っていないお昼を過ごしているんだ

と思うようにしているよ」と

 

実際、優香は異国でひとりで生活して、ひとつ ひとつ をクリアして行っているから

私のこれまでとは違うのは顕かだけれど

でもね

やっぱり ひとり で自分を保つキツさはお互いによくわかるよね。

ひとりで生きているワケじゃないけれど

家族と言う名の絆や あったかぁい安心を

こうして遠く離れて暮らす私たちは

とっても尊く尊く思えてしまう。 

 

だからお友達の皆さん

適度に甘えさせてください<(_ _)>

すいません いつも。。。