So-net無料ブログ作成

(@_@;)な話。。。残念 [困ったはなし]

前回、私がロンドンへ行ったのは

「お嬢さんが(優香)手術を受けるから、お母さんが行ったという事にして、周りを濁しておいてあったんだけど」

こんな話を聞いて

びっくり(@_@;)

え!?

「何ですか? 手術???優香は手術なんて受けていません」

「それは知っているけど、そういう風にお母さんが行く理由で周りを濁しておいたんだわ」

 

優香が手術を受けるので、私がロンドンへ行ったと聞いたかた[exclamation×2](笑)

それは事実無根です(笑)

動画にもあるように、歌って演じて踊っています。

手術受けなきゃならないような子には、こんな事できまっしぇん(笑)

やっぱり

賢治をお任せして、親の私がどこかへ行く事って

「お姉ちゃんの公演、楽しんできてね」

「たまには賢ちゃんの介護から離れて、旅行を楽しんできてね」

これだけじゃ ダメなのでしょうか??

そこに

それは、賢治を置いて海外に行っても仕方がない事情だわと

周りを納得させなければならない理由が

必要なんでしょうか??

私はかなり明け透けな性格なので

「そこまで正直に言わなくても良いのに」と言われるほど

周りに事実を話して、わかってもらって物事を進めています。

でも

事実を話すことは、相手に同じ負担や不安を与える事も学んでいます。

賢治の介護や医療に関わることは

勿論すべてお話ししなければなりませんが

母とか姉とか、、、たとえば私の両親の事情とか

そこまでを話して、それじゃあ仕方ないね

というのは ちょっと違う気がしています。

賢治だってひとりの成人した人格があるんだから

賢治をケアする方々と親の私は 

ちょうど良い距離感で信頼関係を持ちたい。

この人には知ってほしいとか、相談したい時は話させて頂くけれど

もし、そうそう話すべきではない事が起きた時は

なるべく事務的に

賢治の介護を依頼する事だけにしたい

 

ウチの親は

48歳の娘が出掛けるたびに

どこへ行くの? 何時に帰るの? 誰と会うの? どうやって行くの??(笑) と聞きます。

年老いた親に心配を掛けたくないから、私は答えます。

親は聞いてもすぐに忘れますけど(笑)

そ~んな いくつになっても親が子を心配する関係とは別に 

賢治の介護で必要な情報の他に

私が賢治の介護から離れる理由が必要じゃなくなると良いな

 

ああ

昨日からの混乱してる私の頭に

また宮部みゆきさんの作品タイトルが・・・・

    「理由」

よしっ  うまいっ!!!