So-net無料ブログ作成

優香ふたたび&追加トーク [優香の歌♪]

冬の神様のうたについて

海老田氏はご存じ[ひらめき]今年のサッポロファクトリー展で賢治とコラボしてくださった画家さん。
そして
先日のサッポロファクトリー れんが広場でのライブで優香とコラボしてくださった音楽家さん。
海老田氏いわく
「賢治が先に世に絵を出したから、歳はどうあれ、俺にとっては『賢治兄さん』だ」
そして優香に
「俺を『海老田兄さん』と呼んどくれ、ゆうかちゃん。 ねぇお母さん!?」
と私に振る。
話しを振られた私は
「あなたに「お母さん」と呼ばれる筋合いは無い」
。。。。会話が全然噛み合っていない[バッド(下向き矢印)]
わたし的には「歳だってそんなに違わないし、『お嬢さんを僕にください』みたいな・・・・東尾監督と石田純一さんじゃないんだから、私をお母さんと呼ぶんじゃないよ。娘はやらん!!」
みたいな(笑)心情

優香に父親がいないせいだと思うが
私の同級生をはじめ、ほぼ私の歳に近い友人の男性陣はみんな優香をとっても可愛がってくださる。
それは本当に[ぴかぴか(新しい)]感謝<(_ _)>感謝[ぴかぴか(新しい)]
そして
はじめは「優香の父親代わりみたいなもんさ」「俺は優香の第〇の父だ」とか言ってるのに
いつのまにか
「兄貴みたいなもんさ」「優香の兄としてはさ」
となって行く
おぃおぃおぃ[あせあせ(飛び散る汗)]私、、あなたを産んだのかぃ??

ま、海老田氏はそういう意味じゃなくて
芸術とか音楽の世界の話しをしているだけなので
私の被害妄想??に巻き込まれて可哀そうなんですが
私世代の男性のみんな
私に「お母さん」はやめておくれ(笑)

チャンチャン  っと