So-net無料ブログ作成

こころの容量 [哲学かぃ?の話]

[病院]へ行き
賢治の薬をまた少しだけ減量することになりました。
少しずつ
少しずつ
それで良い[ぴかぴか(新しい)]
賢治
あなたは本当に凄い 私の人生の師だと思う
思うようにはならない人生でも
あきらめずに 少しずつ 少しずつ
車中憂う僕.jpg

                    [ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]

ふと 立ち読みした本に[本]
「肉体に限界があるように、こころにも限界がある」と書いてあった。
何しろ立ち読みだったので[あせあせ(飛び散る汗)]
正確な文は憶えていない[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
こころは鍛錬次第で強くなれるはず と思い込んでいた私は
無意識にいつも自分を責めていた


[本]をパラパラと流し読んだ
それだけでも惹かれる[ひらめき]文が数多くあった

是非 ブックオフで探したいと思う(決して定価で本を買わないセコイ私)[手(チョキ)]

「消えてしまいたいと思う」
この文にも驚いた

以前私もこのブログに書いた
~ この世界から 
   今 私ひとりくらいがいなくなっても
   全然大丈夫
   消えてしまいたい。。。消えてしまえるかも。。。~

札幌大通りの交差点[信号][車(セダン)][車(RV)][バス][信号]
多くの人が[トイレ][トイレ][トイレ][トイレ][トイレ][トイレ]行き交う中でそう思ったことを思い出した

そして最後にハッ[むかっ(怒り)]とした文は
本当に 自分を消してしまえるかどうか の境目は
「ずるさ」にある
と書いてあった
自分の苦しみを人につたえて、そこから逃げられる「ずるさ」

私には この「ずるい私」がいるんだ[手(パー)]
ブログに書いたり[メモ]
誰かに話したり[phone to]

だから
決して消えない

「もっと強くなれ」
「神経を太く持て」
「過去を悔むは愚かなり」
「もっと辛い人がいる現実を知れ」
「すべての失敗は己の愚かな判断の結果」
そう私を躾けた人はとても『強い』
そう『強く』在れる人も確かにいるようだ

でも私は
「強くなれ」と言われるたびに
どんどん弱くなる自分を感じていた
でも私は
「逃げられる自分」も持っていた

皮肉なことに
潔く正しく強く生きろ! との教えは
逃げる手段を知るずるい人間を作り
結果
私は今こうして生きて行けている

ちいさくて ずるい私で良かったのかもしれない
頑張りすぎないで
弱くても恥じないで
ありのままの自分を愛したいと
心から思った

私は
愚か だから弱いんじゃない!
忍耐力 が足りなくて弱いんじゃない!
ワガママ だから弱いんじゃない!
私は
精一杯生きているから 弱いんだよ(^_-)-☆ 

ホルモンのせいなのか(そんなお年頃[たらーっ(汗)])
こころの病気なのか[どんっ(衝撃)]
私は時々 とてもとても 弱くなる[バッド(下向き矢印)]
自分は今とても弱くなっていると自覚もしている

「今日の美津子は不安定だから、こんな時に深刻な話しはしない方が良い」
と言う人に
このごろ 私はこう言えるようになった
「普段は
私の こころの容量内 で
すべてを消化している
自分ひとりで消化できる
だから誰にも話さない
でも
私が自分のこころを素直に表せるのは
弱っている今この時だけ
だから敢えて話したいの」